2010年3月30日火曜日

フランスのカッサンドル工房デザインの棒付きジャケット★オイストラフ/ブルッフ、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲No.1

2010年3月30日火曜日
このレコードが録音されたのは、1954年(英国からは 英columbia 33CX1268 として発売)です。プロコフィエフが前年3月に亡くなっていますから、哀悼の想いが演奏に込められているようです。霊妙は響きで始まって、それぞれの楽章の分かれ目が不明瞭。全体が1つの楽章だとも聴く事が出来る瞑想的で白昼夢のような音楽。ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番と、プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番は映し鏡を覗くように不思議な感じがあります。
作曲されたのは1917年の事ですが、実際に初演されるのはパリに出てから、1923年の事です。
“メンデルスゾーンとブラームスを足して2で割ったようなまるで美しいカクテルのように楽しい”ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番は、わたしはヨセフ・スークの演奏で親しんでいます。オイストラフはこの華麗なヴァイオリン協奏曲を、大人の音楽に仕上げています。

☆通販レコード 新着案内☆
【協奏曲】

レーベル:米 ANGEL

レコード番号:35243

オリジナリティ:レッド・シルヴァー・ラベル、1stラベル

曲目: ブルッフ、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 No.1


ヴァイオリン: ダヴィッド・オイストラフ
指揮: ロブロ・フォン・マタチッチ
管弦楽: ロンドン交響楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:
発売は米国で、プレスは英国、さらにはジャケット・デザインは仏の有名なカッサンドル工房というまるで連合国のようなレコード。1950年代のモノラル録音ですが、ヴァイオリンの音は切れが良く鮮明で瑞々しく、スタンパーが 1N-3N なので鮮度感も抜群です。魅力的な音の一言。
演奏は特にブルッフはスケールの大きな名演と言えるでしょう。マタチッチのバックも呼吸の深い、大きな音楽を造っています。

盤は傷やスレも無く美品、再生も全く問題ありません。

ジャケットは棒付きジャケ、古いものですが綺麗な状態で美品です。

ⓇNM ⒿNM

価格 ¥7,000(¥7,350 税込み、送料無料)


お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。
稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。

Posted via email from Analog Records

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket