2011-12-30

オペラ初心者のための《トリスタンとイゾルデ》 - NHK-FM《バイロイト音楽祭2011》最終日

2011-12-30 0

タンホイザーで開幕した2011年のバイロイト音楽祭は、楽劇《トリスタンとイゾルデ》で閉幕しました。今週のNHK-FM《バイロイト音楽祭2011》の放送も、今夜の《トリスタンとイゾルデ》が最後となりました。昨日の《パルジファル》を聞き終えて、あぁ、年越しだなぁと感慨にふけって今夜の放送を忘れるところでした。

Ti_020711_071

楽劇《トリスタンとイゾルデ》の舞台はコーンウォルでドイツではないのですが、惚れ薬を飲んでしまって国王に貢ぎ物として連れてきた姫に恋心を抱いてしまい、敵前逃亡ならぬ帰国直前に姫と逃避行してしまったトリスタンという騎士の悲しい物語。国王の側近に負わされた傷がもとで、最後は死んでしまうのですが幻夢の中で姫に再会する演出や、実際に姫が到着した時には既にトリスタンは事切れていた。と《ロミオとジュリエット》みたいな解釈が様々で、また、初心者でもいろいろ想像できるのが人気の理由でしょう。
歌舞伎などにも翻案しやすいですね。

2011-04-13

【蓄音機の音】78回転のワーグナー 指揮者不明の《マイスタージンガー前奏曲》

2011-04-13 0

時代背景も関わっているのでしょうか、指揮者の記載がありません。演奏している管弦楽団がベルリン・シュターツ・オパーと記載されているだけで、それ以上は不明。1926年から28年頃の間の電気録音。12インチ盤両面盤で、盤面の変わる直前でテンポが下がっているのが特徴かも知れませんが指揮者を推測して聴き込むのも面白いことです。演奏はしっかりとした骨格のワグナー。

S131481

 

2010-12-29

午後9時からの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は元気盛りの青年と熟達の店主のどちらを美女が選んだかというオペラです。

2010-12-29 0

初夜権をめぐる喜劇仕立ての「フィガロの結婚」の上演を、当時の貴族に反発されたモーツァルト。どちらが道徳的なのかという問題は、オペラだと中学生でも観劇して良い日本は面白い。ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」も喜劇仕立て。マイスタージンガーを"名歌手"とも邦訳しています。美少女エヴァの結婚相手を、歌合戦で競い合うものだけれども賞品にして良いのでしょうか、そもそも。

このオペラには実在したと言われる伝説の吟遊詩人、ワルター・フォン・シュトルチングが登場するように歌、音楽とはどういうものであるべきかという生真面目なテーマも軸になっているところが、パロディや2級オペラにされて時空のゴミにならなかったのでしょう。ナチス・ドイツの援護射撃で芸術演劇の粋に押し上げられた面もあるでしょうけれども初期の作品はともかく、熟年になってから作曲した10作品ほどのオペラ作品が総て現在のオペラ座での演目に欠かせないってワーグナーの設計は見事です。

わたしはこの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の第2幕が特に好きです。全3幕を聞くと5時間近くの大長編ですが、第2幕は1時間少々で、クスクス出来るところも多くて中学生でも退屈しないで楽しめました。

 

「楽劇“ニュルンベルクのマイスタージンガー”」       
ワーグナー作曲
(第1幕:1時間25分56秒)
(第2幕:1時間01分04秒)
(第3幕:2時間02分27秒)
ハンス・ザックス(くつ屋)…             
(バリトン)ジェームズ・ラザフォード
ファイト・ポーグナー(金細工師)…          
(バス)アルトゥール・コルン
クンツ・フォーゲルゲザンク(毛皮屋)…        
(テノール)チャールズ・リード
コンラート・ナハティガル(ブリキ屋)…        
(バス)ライナー・ツァウン
ジクストゥス・ベックメッサー(市役所の書記)…    
(バリトン)アドリアン・エレード
フリッツ・コートナー(パン屋)…(バス)マルクス・アイヒェ
バルタザール・ツォルン(すず細工師)…        
(テノール)エドワード・ランダル
ウルリヒ・アイスリンガー(香料商人)…        
(テノール)フロリアン・ホフマン
アウクスティン・モーザー(仕立て屋)…        
(テノール)シュテファン・ハイバッハ
ヘルマン・オルテル(せっけん屋)…(バス)マーティン・スネル
ハンス・シュワルツ(くつ下屋)…(バス)マリオ・クライン
ハンス・フォルツ(銅細工師)…            
(バス)ディオゲネス・ランデス
ワルター・フォン・シュトルチング(フランケン地方の若い騎士)
…(テノール)クラウス・フロリアン・フォークト
ダーヴィット(ザックスの徒弟)…           
(テノール)ノルベルト・エルンスト
エヴァ(ポーグナーの娘)…(ソプラノ)ミヒャエラ・カウネ
マグダレーネ(エヴァのうば)…            
(メゾ・ソプラノ)カローラ・グーバー
夜警…(バス)フリーデマン・レーリヒ
(合唱)バイロイト祝祭合唱団
(合唱指揮)エバハルト・フリードリヒ
(管弦楽)バイロイト祝祭管弦楽団
(指揮)セバスティアン・ヴァイグレ
~ドイツ・バイロイト祝祭劇場で収録~          
<2010/8/2>
(バイエルン放送協会提供)

Posted via email from amadeusrecord's note

2010-12-28

午後9時からバイロイト音楽祭2010、ローエングリンの放送ですが仕事中なので録音したものを後で聴きます。

2010-12-28 0

熊本は午後には烈しい落雷が連発。わたしはつけっぱなしのiMacが心配になったけれども、そんな騒動何処吹く風とおふとんの中に引き戻されて、ようやく解放されたのが午後4時頃でした。その時分には雨は上がっていたから、支度をして出かけてきたんですけれども途中で冷たい雨がぱらぱら来て傘を取りに一端引き返したものかとは迷いましたが夕方早くから真っ暗になった割りには現在午後8時半、月が出ているわけでもないのに雪明かりのようにほの明るい光が窓から差し込んでいます。

寒いから心配で今日は早めに家を後にしました。といっても午後5時半。玄関から表に出た時に西の空に大きな竜の首が見えました。さて、先日から放送されているNHK-FMの年末恒例「バイロイト音楽祭」は昨日の「神々のたそがれ」でリングチクルスを終えて、「ローエングリン」が午後9時から放送されます。録音だけはセットしておきましたから、仕事を終えてから楽しめるのを楽しみにしています。

今夜はふわふわヘアーではなくて、かっちりまとめ上げていますよ。

 

Posted via email from amadeusrecord's note

2010-09-13

冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春・・・

2010-09-13 0

嵐が扉を烈しく打ち開いた音に、ジークリンデは大きな悲鳴を上げる。怖がらないで大丈夫だよ、入ってきたのは、ほらっ、春の兆しだ・・・、と紅潮したままのジークムント。ジークリンデは夫のフンディングの手下達が入ってきたのかと驚いたのでした。誰もいないことが確認できると、若い2人の抱擁はエスカレートしていく。ジークムントは父の残した霊剣ノートゥングを得た心強さ、トネリコの幹に深く突き刺さっていて誰にも抜くことの出来なかった剣をことも容易に抜き取った男に期待感を高めるジークリンデ。不安で抑えていた感情が吹っ切れると、2人は身体を重ねてしまう。そして2人はフンディングの家から逃走する。

「冬の嵐は過ぎ去り、快い月となった」(ジークムント)
「寒い冬の日々に私が憧れていた春こそあなたです」(ジークリンデ)

無限旋律と言われるワーグナーの音楽のもっともたる「ワルキューレ」の中で、烈しく扉の開く音楽の後一瞬の間があって優しく春が入ってくる。アリア「冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春」としてテノールのレパートリーとして古くから張りのあるテノール歌手は得意としています 。ワーグナーの音楽は作品の世界観などの要素が深く影響しているので、単独で歌われることは少ない。きっと歌う方も気持ちを持って行くのが難しい曲なのかも知れませんね。
その点、愛の場面を切り抜いたと思って歌ってもらった方が苦労の果ての安らぎとの遭遇の歌ではなくて、醸し出すエロティックが楽しめるんじゃないかしら。

  
Download now or listen on posterous 冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春.mp3 (14044 KB)

 

Posted via email from Amadeus Record Guide | Comment »

冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春・・・

嵐が扉を烈しく打ち開いた音に、ジークリンデは大きな悲鳴を上げる。怖がらないで大丈夫だよ、入ってきたのは、ほらっ、春の兆しだ・・・、と紅潮したままのジークムント。ジークリンデは夫のフンディングの手下達が入ってきたのかと驚いたのでした。誰もいないことが確認できると、若い2人の抱擁はエスカレートしていく。ジークムントは父の残した霊剣ノートゥングを得た心強さ、トネリコの幹に深く突き刺さっていて誰にも抜くことの出来なかった剣をことも容易に抜き取った男に期待感を高めるジークリンデ。不安で抑えていた感情が吹っ切れると、2人は身体を重ねてしまう。そして2人はフンディングの家から逃走する。

「冬の嵐は過ぎ去り、快い月となった」(ジークムント)
「寒い冬の日々に私が憧れていた春こそあなたです」(ジークリンデ)

無限旋律と言われるワーグナーの音楽のもっともたる「ワルキューレ」の中で、烈しく扉の開く音楽の後一瞬の間があって優しく春が入ってくる。アリア「冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春」としてテノールのレパートリーとして古くから張りのあるテノール歌手は得意としています 。ワーグナーの音楽は作品の世界観などの要素が深く影響しているので、単独で歌われることは少ない。きっと歌う方も気持ちを持って行くのが難しい曲なのかも知れませんね。
その点、愛の場面を切り抜いたと思って歌ってもらった方が苦労の果ての安らぎとの遭遇の歌ではなくて、醸し出すエロティックが楽しめるんじゃないかしら。

冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春・・・











2010-09-12

バスチーユの“ワルキューレの奇行”

2010-09-12 0
タンホイザーでの全裸の女性たち(薄いストッキングで首までを覆ったもののようでもありましたが、総て透けて見えていました。薄暗い舞台の照明でははっきりとは分からないものでした)に驚いたのが初めてオペラをみるようになった頃。
昨年のマイスタージンガーでは男性が下半身露出していましたね。

バスチーユのワルキューレでは、ワルキューレ達は乙女と言うことでの白い衣装で統一。第3幕の傷ついた戦士達の中からワルハラに連れて行くのにふさわしい英雄だけを選りだしている場面では、白衣のようにも見えます。
多分にダブル・ミーニングがあるのでしょう。


バスチーユの“ワルキューレの奇行”と標題にしたい“ワルキューレの騎行”。
音楽だけでなくステージも色彩的だったようで、テレビ放映をぜひとも観て観たいものですが、起ってるものはモザイクが入るんでしょうね。
オペラはストレートに見せていることが多いのですが、パリでの公演は中でもストレート。

バスチーユのワルキューレ

バスチーユのワルキューレが、今(2010年9月12日)NHK-FMで放送中です。
第一幕では、ジークムントを歌うロバート・ディーン・スミス、ジークリンデを歌うリカルダ・メルベトの2人共に好調。バイロイト音楽祭での上演でのお馴染みのコンビだけに歌唱は安心して聴けます。
指揮はアルミン・ジョルダンの息子。父親譲りを感じさせるほどフランス流のワグナーと言ったら他を凌いでいますよね。一言で言って色彩的でメリハリのある音楽。ワーグナーになじみのないリスナーでも入りやすい音楽造りをしています。
ジョルダンは第一幕冒頭の嵐のシーンは烈しく速いテンポで責め立てるように進めていて、歌手達の登場を今か今かと待ち焦がれているような演奏でした。主役の2人が登場すると、烈しく早い前奏曲は一転。とてもロマンティックなチェロの独奏で歌手達の歌を引き立てていました。
見せ場、父親が残した一振りの名剣ノートゥングを手に入れたくだりは感情の高まりに従った烈しい音楽。ロバート・ディーン・スミスはバイロイトでも、ヴェルゼ!ヴェルゼ!と2度の父親への呼びかけをとても長く引っ張りますが、この上演でも同様で尚のこと第一幕の要になっているロマンティックなワーグナーでした。

現在第2幕が終わったところ、有名な「ワルキューレの騎行」のある第3幕は午後4時半過ぎ当たりからになると思います。放送は午後6時まで。

バスチーユのワルキューレ 2010 paris
- 海外オペラアワー -

▽フィリップ・ジョルダン指揮による
ワーグナーの楽劇“ワルキューレ” 

「楽劇“ワルキューレ”」           ワーグナー作曲
(第1幕:1時間04分52秒)
(第2幕:1時間33分46秒)
(第3幕:1時間09分48秒)
ジークムント…(テノール)ロバート・ディーン・スミス
フンディング…(バス)ギュンター・グロイスベック
ウォータン…(バリトン)トーマス・ヨハネス・マイア
ジークリンデ…(ソプラノ)リカルダ・メルベト
フリッカ…(メゾ・ソプラノ)イヴォンヌ・ナエフ
ブリュンヒルデ…(ソプラノ)カタリーナ・ダライマン
ゲルヒルデ…(ソプラノ)マージョリー・オーウェンズ
オルトリンデ…(ソプラノ)ゲルトルート・ヴィッティンガー
ワルトラウテ…(メゾ・ソプラノ)シルヴィア・ハブローヴェッツ
シュヴェルトライテ…(アルト)ヴィープケ・レームクール
ヘルムヴィーゲ…(ソプラノ)バルバラ・モリーヤン
ジークルーネ…(メゾ・ソプラノ)ヘレーネ・ラナーダ
グリムゲルデ…(メゾ・ソプラノ)ニコル・ピッコローミニ
ロスワイセ…(メゾ・ソプラノ)アタラ・シェック
(管弦楽)パリ・オペラ座管弦楽団
(指揮)フィリップ・ジョルダン
~フランス・パリ・バスチーユ パリ・オペラ座で収録~  
<2010/6/26>
(ラジオ・フランス提供)

Posted via email from Amadeus Record Guide

2010-08-22

「ニーベルングの指環」人物相関図

2010-08-22 0

4部作「ニーベルングの指環」人物相関図は、オペラを鑑賞する前に頭に入れておかないと混乱を起こすでしょう。これに加えて、地図のようなものをイメージできるようになると物語の背景は分かり易い。

話しの流れよりも、物語設定の方に作品の本質があるとも言えるのでワグネリアンとも言われるクラスタをさす言葉が出来たと言えます。モーツァルティアンの中には類するような愛好家も少なくないけれども、バッハやショパンとは異なる存在だと思います。

バイロイトは午後8時。ワルキューレ第3幕の、ワルキューレの騎行が聴こえてきました。

Posted via email from littleconcert

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング

2010-08-21

世界初 バイロイト音楽祭のワルキューレがテレビ生放送

2010-08-21 0

クラシック音楽史に残るであろうプロジェクトの時間が迫りました。日本時間で午後10時50分から、「バイロイト音楽祭のワルキューレ」がテレビで世界初の生放送。

バイロイト音楽祭は、作曲家ワグナーがドイツのバイエルンに建設した歌劇場で7月、8月の夏の期間だけ行われます。上演されるのはワグナーが作曲した10作品だけ。「さまよえるオランダ人」、「タンホイザー」、「ローエングリン」、「トリスタンとイゾルデ」、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「パルジファル」。それに「ニーベルングの指環」としてセット上演される「ラインの黄金」、「ワルキューレ」、「ジークフリート」、「神々のたそがれ」です。

ゴージャスで絵巻物語りのような「ラインの黄金」と、作品の神の主人公英雄ジークフリートの成長と神々の手から人間の手に世界が受け渡されるまでを描く「ジークフリート」と「神々のたそがれ」の前後編の間に位置した「ワルキューレ」は動きとスペクタクルがいっぱい。第3幕の序奏と第一場にあたる「ワルキューレの騎行」はよく聴かれる音楽ですね。

ただ1人の作曲家の作品だけを上演する歌劇場の音楽祭。「バイロイト詣(もうで)」という言葉があるほど、オペラ・ファンが一生のうちには行ってみたいと思っているほどチケットは何年も先まで予約で埋まっています。「詣」と言われるほど観劇には覚悟が必要です。覚悟と言っても命を奪われるという事はありませんけれども、歌劇場は山の奥の方にあるので周囲には宿泊施設も少ないと言います。そして歌劇場の設備、教会の椅子のように木製の長いす。クッションなどはありません。慣れた人はお尻に敷く物を持っていくのだとか。

長いすなので1人勝手に席を立つこともまま成りませんよね。そして上演時間の長さ。ワルキューレはCD4枚組と言えば、分かり易いですね。

第1幕、約1時間。

 

第2幕、約1時間30分。

 

第3幕、約1時間15分。

これは放送で観られることは大歓迎だ!とハッキリ成りそうですけど、各幕の間の休憩時間が90分はありますからはたしてその間が持たせることが出来ますやら。

放送は午後10時50分から、翌朝の午前5時過ぎまで。「ニーベルングの指環」のチクルス(4作品セットでの上演を「チクルス」と言っています)は今年の上演でひとまずおやすみ。数年おいて新演出での登場と成ります。2008年、2009年を収録した映像はありますから、放送トラブルが起こってもフォローは出来ると思います。ポッドキャストで音声の生中継は好調。放送のバックアップも万全と言うことで世界初の生放送と成ったのでしょうね。

Posted via email from littleconcert

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング

2010-08-14

Tristan Und Isolde

2010-08-14 0

本年度の上演が折り返しに入ったバイロイト音楽祭。聖金曜日をテーマとした「パルジファル」が意味ありげに、14日の土曜日である今日上演されているわけですけれども、それはバイロイトでのお話し。

来週8月21日に、楽劇「ワルキューレ」が全世界初でテレビ生中継となる事になりました。

恐らく世界各国でのオペラ番組を放送している放送局でも様々な企画を行っていると思いますけれども、日本のNHKは今夜10時から「トリスタンとイゾルデ」を放送します。放送されるのは昨年のバイロイト音楽祭での上演、ラスト上演になった作品で今年の上演演目から暫く遠のくことになります。

言い替えれば現時点では最新であり、最高の上演が放送されると言って良いでしょう。きっと日本以外の放送局も外すことの出来ないプログラムでしょう。既にDVD(Blu-ray Disc)で発売済み。オペラは演出の好き嫌いがハッキリ表れますから、まずは今回の放送を観てからDVDを買うかは考えて良いと思います。

Gesamtleitung: Wolfgang Wagner 

Dirigent: Peter Schneider 
Inszenierung: Christoph Marthaler 
Kostüme & Bühnenbild: Anna Viebrock 
Chorleitung: Eberhard Friedrich

Tristan: Robert Dean Smith 
König Marke: Robert Holl 
Isolde: Iréne Theorin 
Kurwenal: Jukka Rasilainen 
Melot: Ralf Lukas 
Brangäne: Michelle Breedt 
Junger Seemann: Clemens Bieber 
Ein Hirt: Arnold Bezuyen 
Ein Steuermann: Martin Snell 

Festspielorchester
Festspielchor

 

【出演】
(トリスタン)ロバート・ディーン・スミス
(国王マルケ)ローベルト・ホル
(イゾルデ)イレーネ・テオリン
(クルヴェナール)ユッカ・ラシライネン
(メロート)ラルフ・ルーカス
(ブランゲーネ)ミシェル・ブリート
(牧童)アルノルト・ベゾイエン
(かじとり)マーティン・スネル
(若い水夫)クレメンス・ビーバー

【合唱】バイロイト祝祭合唱団
【管弦楽】バイロイト祝祭管弦楽団
【指揮】ペーター・シュナイダー
【演出】クリストフ・マルターラー


収録:2009年8月
バイロイト祝祭劇場(ドイツ)





※    ※    ※    ※

バイロイト音楽祭2010年プラン

※    ※    ※    ※

 

Sonntag 25. Juli Lohengrin 
Dienstag 27. Juli Das Rheingold 
Mittwoch 28. Juli Die Walküre 
Donnerstag 29. Juli Parsifal 
Freitag 30. Juli Siegfried 
Sonntag 01. August Götterdämmerung 
Montag 02. August Die Meistersinger von Nürnberg 
Dienstag 03. August Lohengrin 
Donnerstag 05. August Die Meistersinger von Nürnberg 
Freitag 06. August Lohengrin 
Samstag 07. August Parsifal 
Sonntag 08. August Das Rheingold 
Montag 09. August Die Walküre 
Dienstag 10. August Parsifal 
Mittwoch 11. August Siegfried 
Donnerstag 12. August Die Meistersinger von Nürnberg 
Freitag 13. August Götterdämmerung 
Samstag 14. August Parsifal 
Sonntag 15. August Die Meistersinger von Nürnberg 
Dienstag 17. August Lohengrin 
Mittwoch 18. August Parsifal 
Donnerstag 19. August Die Meistersinger von Nürnberg 
Freitag 20. August Das Rheingold 
Samstag 21. August Die Walküre 
Sonntag 22. August Lohengrin 
Montag 23. August Siegfried 
Mittwoch 25. August Götterdämmerung 
Donnerstag 26. August Parsifal 
Freitag 27. August Lohengrin 
Samstag 28. August Die Meistersinger von Nürnberg 


※    ※    ※    ※

Posted via email from littleconcert

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング