2010年3月30日火曜日

完璧な弦の響き 6EYEラベル!! オーマンディ/チャイコフスキー:交響曲第6番《悲愴》

2010年3月30日火曜日
現代オーケストラの美しい響きは、フィラデルフィア管弦楽団はコロンビアに録音したもので完成の域に達したのではないでしょうか。振り返ってみれば、この年代に多くの家庭にステレオの再生装置が普及しようとしていました。大編成のゴージャスなオーケストラ録音の一方で、バロック音楽を当時の編成で再現しようとする動きが出てきたのも同じ頃ではないかしら。
わたしがステレオ録音の醍醐味を実感したのは、フィラデルフィア管弦楽団のレコードでした。CBSソニーのレコードだったけど、再生の注意としてRIAAカーブの表記や、スピーカーの中央で聞くようにと印刷がありました。一般的な低価格な装置でも楽しみやすいようにRIAAカーブ企画が定まるまでにも、色々試みがされていたようです。1960年代の録音を聞く時には心得て置いた方が良いでしょう。
デジタル化された録音だけを聞くようになったので、トーン・コントロールがアンプから無くなって久しい。今、当時のアナログレコードを聞くためにはレコードプレーヤーよりも、アンプ選びの方が課題と言って良いでしょう。

チャイコフスキーの悲愴交響曲は、交響曲第6番だと学校で学びました。古いレコードではカッコ付きになっていたりします。チャイコフスキーの7つの交響曲のうちまだ半分しか一般的でなかった時代だと感じさせてくれます。

☆通販レコード 新着案内☆
【交響曲】

レーベル:米 COLUMBIA

レコード番号:MS 6160

オリジナリティ:6EYEラベル、1stラベル

曲目: チャイコフスキー:交響曲 No.6 「悲愴」


指揮: ユージン・オーマンディ
管弦楽: フィラデルフィア管弦楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:
その圧倒的なうまさに唖然、呆然、そしてオーケストラの音の美しいことに感嘆ひとしきり、これだけ綺麗な弦の音はなかなか聴けるものではありません。そして木管はメロウで、金管は朗朗と鳴り響き、現代オーケストラのたどり着いた1つの頂点を聴かせます。
録音はもちろん優秀、少し明るめの音色で歪み感無く極めて自然な感じの音質。但し、トーン・コントロール付きのアンプをお持ちの方でしたら、高域を3デシベルほど下げた方がよりバランスの良い音質になります。

盤は傷も無く、再生も大変良い状態で鑑賞できます。

ジャケットは正面、裏面共にきれいですが、左上部に5cmほどの割れがあります。

ⓇNM ⒿEX++

価格 ¥6,000(¥6,300 税込み、送料無料)


お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。
稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。

Posted via email from Analog Records

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket