2012-01-05

《TAS推薦》独ARCHIV SAPM 198 166☆シルヴァーラベル☆コレギウム・テレプシコーレ プレトリウス、シャイン等の舞曲

2012-01-05 0

Sapm198166

【バロック】ストアサイトで通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e578420.html

  • レーベル:独ARCHIV
  • レコード番号:SAPM198166
  • オリジナリティ:TAS推薦盤。シルヴァー・ラベル

曲目: プレトリウス、シャイン等の舞曲

演奏:
コレギウム・テレプシコーレ

2010-12-07

バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(2)❇CDレビューと評価

2010-12-07 0

今こそ声あげ、 よろこんで歌え。
みどりごイエスは 貧しいまぶねに
朝日のように 明るくかがやく。
アルファ、オメガ、永遠の主。

いと高き神の み子をほめ歌え。
恵みあふれる 幼子主イエスは
嘆き悲しむ われらをなぐさめ
主のみ国を 示される。

まことに大きな み父の恵みよ。
罪にまみれた われらをあわれみ
み子を遣わし 永遠の国へ
導かれる、神の愛。

喜びの歌は 天に鳴りひびく。
み使いたちも 聖徒たちも皆
歌う讃美に われらも声あげ
とこしえまで ほめ歌おう。

プレトリウスのコラール「甘き喜びのうちに In Dulti Jubilo 」は、今では上の歌詞で親しまれているクリスマス・キャロルをもとにしています。というか、ドイツに古くから伝わるキャロルをプレトリウスやハスラーが採譜して教会で歌われる音楽にしたことはバッハたちの音楽を仲介して今、わたし達が歌い楽しむことが出来るんですね。

バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(2)

礒山雅さんの案内で、2010年12月7日火曜日、午前6時からNHK-FMで放送。


- ドイツのクリスマス音楽 -(2)

2010-12-06

バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(1)❇CDレビューと評価

2010-12-06 0

街がクリスマス音楽でいっぱいになる季節。クリスマスを迎えると新年が終わるまでは、クラシック音楽の世界もクリスマスを題材にした楽曲やノエルで溢れます。いや、この期間はキリストの受難曲を聴くことは禁じられていますので、マタイ受難曲はクリスマス・イヴが来る前に楽しんでおいて下さい。例年のバロックの森だと、クリスマスの前後からクリスマス・オラトリオをプログラムに取り入れてきていましたが今年は随分早いスタートです。「ドイツのクリスマス音楽」と題されていますから、次週以降に南アメリカのバロック音楽も聴けると嬉しいですね。

一般的には意外に思われるかも知れませんが、南米はスペインが占領していた時代があるように随分と面白いバロック音楽があります。目立たないもののCDも毎月それなりに興味深いリリースがありますので、機会をつくって聴いてみてはいかがでしょうか。