2012-03-06

【半額!】青白い美しさ放つ名演★米COLUMBIA MS-6578 フランチェスカッティ(Vn)、メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 2EYEラベル、1stラベル

2012-03-06 0

絵を良く描いて過ごしていた頃に、この鮮やかで奥深く、或いは温かい澄み切った思いにさせてくれる青色を出す事に夢中になっていたり、この色をベースにデザインをイメージしている事が多かった。それぞれ別の機会に録音された2曲をLPレコードで発売する時に組み合わされたメンデルスゾーンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。以降は定盤の組み合わせになっていく最初の機会を作った名盤。嘗てクラシック音楽のレコードは今のクラブ、ハウス音楽の様にエロティックであった事を堪能できるヴァイオリン演奏を一聴願いたい。フランチェスカッティって誰という貴方にこそ。

価格を改定しました。5,000円(税込み)を2,625円(税込み)に50%OFFの価格に下げました。ご注文合計5,251円(税込み)以上で、送料無料になります。

Ms6578

☆通販レコード 価格改定50%OFF☆ 
【協奏曲】通販サイトで詳細を確認してください http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e397156.html 

  • レーベル:米 COLUMBIA  
  • レコード番号:MS-6578 
  • オリジナリティ:2EYEラベル、1stラベル 


曲目:

  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
  • チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 


演奏:

  • ヴァイオリン:ジノ・フランチェスカッティ
  • 指揮: ジョージ・セル
  • 管弦楽:クリーヴランド管弦楽団のメンバー
  • 指揮:トマス・シッパーズ
  • 管弦楽:ニューヨーク・フィル
価格 ¥5,000(¥5,250 税込み、送料無料)
50% OFF
新価格 ¥2,500 (¥2,625 税込み)
お買い上げ合計¥5,001円以上で送料無料)

2011-12-23

米COLUMBIA MS-6201 6EYEラベル、溝あり☆ジノ・フランチェスカッティ(Vn) ラロ:スペイン交響曲、ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲 スタンパー 1A-1A

2011-12-23 0
Ms6201
《通販中》2011年12月23日現在在庫あります。
【協奏曲】 2011年10月23日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html
  • レーベル: 米 COLUMBIA
  • レコード番号: MS-6201
  • オリジナリティ: 6EYEラベル、ミゾ有、1stラベル、スタンパー 1A-1A
曲目 
  1. ラロ:スペイン交響曲
  2. ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

演奏
  • ヴァイオリン:ジノ・フランチェスカッティ
(ラロ)
  • 指揮:ミトロプーロス
  • 管弦楽:ニューヨーク・フィル
(ウォルトン)
  • 指揮:オーマンディ
  • 管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団

2011-11-07

米COLUMBIA MS-6201 6EYEラベル、溝あり☆ジノ・フランチェスカッティ(Vn) ラロ:スペイン交響曲、ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲 スタンパー 1A-1A

2011-11-07 0

Ms6201

《通販中》2011年11月7日現在在庫あります。

【協奏曲】 2011年10月23日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html

  • レーベル: 米 COLUMBIA
  • レコード番号: MS-6201
  • オリジナリティ: 6EYEラベル、ミゾ有、1stラベル、スタンパー 1A-1A

曲目 

  1. ラロ:スペイン交響曲
  2. ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

 

演奏

  • ヴァイオリン:ジノ・フランチェスカッティ

(ラロ)

  • 指揮:ミトロプーロス
  • 管弦楽:ニューヨーク・フィル

(ウォルトン)

  • 指揮:オーマンディ
  • 管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団

2010-11-18

青白い美しさ放つ名演★フランチェスカッティ、メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 2EYEラベル、1stラベル

2010-11-18 0

青白い光を放つような演奏。確か、ジェフ・ベックが登場した時の称賛でもこのような表現がされていたと思います。思い込みかも知れませんけれどね。青白い光って、妖気漂うって感じがするんだけど、狂気とは違って陶酔のような名演奏に良く使いますね。

世紀最高の美音という一文といったら、ヴィオラのプリムローズにいつもついて言われていましたね。世紀最高の演奏とは又違った意味合いだと思います。ヴァイオリン協奏曲は指揮者主導で音楽が作り上げられていく事があります。メンデルスゾーンとチャイコフスキーといった良く親しんでいる名曲のカップリングを、異なる演奏家の伴奏で聴く事はヴァイオリニストの音色を楽しみたい時のレコードには最も適していると思います。

さて、1970年頃にはアナログレコードのヴィニール成分が変わってきて、安定したレコード盤となりましたが、1960年初頭は規格もレーベルそれぞれ、盤の表面にチョコレートを暖める時にヘラから滴って出来る小さな点のような突起が出来ているものがあります。しかし、これってレコード面両面共に全くないのはないと言っても良いでしょう。そうした良質なレコード盤の方が珍しい。これを「プレス・ミス」と言っても悪い意味ではなくて、曲の初めのところに凸凹が無くても、静かな楽章であったりします。「プレス・ミス」というとあまりにも粗悪な印象に感じられますね。