2013-03-09

刑事コロンボ『祝砲の挽歌』 マイ・フェイヴァリット・エピソード

2013-03-09 0

『祝砲の挽歌』:誰かが後ろから忍び寄っているようなオープニングのカメラワーク。
そのシーンは真犯人・陸軍幼年学校のラムフォード校長(パトリック・マクグーハン)が一人で大砲の弾を工作している様子を背中越しに他に誰もいない室内全体を捉えているのだけど、背後から誰かが彼を殺すのかと錯覚してしまった。
カメラの視点が視聴者の視点に成ること、この難しさがオープニングで作品に引き込めるつかみの良い映像に成るかの境目。
現代ならばCGで違和感のない映像になっていただろう。予算枠のあるテレビ制作の限界を感じた。 http://amzn.to/Xx5RwJ

2010-12-23

刑事コロンボは"初夜に消えた花嫁"でした。とりたててコロンボでなくても良いような子供向けのジュブナイルのような刑事ドラマでした。

2010-12-23 0

今夜(2010年12月23日、木曜日 午後9時、NHK BS2で放送)の刑事コロンボは、金曜ロードショーで「新・刑事コロンボ」として放送された「初夜に消えた花嫁」でした。冒頭の結婚式の場面からコロンボさんが登場、しかもきちんとした服装でおやっと関心を引かされて楽しみました。そういったところからも「異色作」。刑事ドラマとして楽しむことは問題無かったんだけど、謎解き要素が無くて誘拐された刑事仲間の花嫁を救出するまでのPCゲームを映像化したような顛末でした。

取り立てて「刑事コロンボ」として製作しなくても良かったように思います。濃厚ではなかったけれどもほろ酔い気分で楽しむのには程良い一辺。酔いを覚まされる心配はありません。しらふで観るには味わいが足りないかも知れないクリスマス気分の今日には最適な選択でしたね、NHKさん^^

 

Posted via email from Jennifermusic's posterous

2010-10-14

刑事コロンボ 狂ったシナリオ(1989) - Murder, Smoke and Shadows

2010-10-14 0

刑事コロンボ 狂ったシナリオ(1989)

9時からのBS2,刑事コロンボは狂ったシナリオ。コロンボがユニヴァーサルスタジオにやってきます。Jaws のアトラクションが登場する作品。1989年製作で、11年ぶりのブランクを置いて日本では「新刑事コロンボ」として放送されました。最近の言い方だと「第8シーズン」に当たり、4作品が製作され先週放送された「汚れた超能力」に続けて日本では放送されました。

コロンボさん、老け込んだな。という印象がまず感じられるもので、犯罪者は子供より孫という世代を相手にしている作品が多かったと思います。旧シリーズには、ピーター・フォークのお友達クラスの女優さん達が色っぽい姿を見せてくれる大人向きのシーンも思いの外ありました。「新刑事コロンボ」になるとジュブナイル・シリーズという感じですね。

ちなみにコロンボのファースト・ネームはフランクさん。- from Brightkite

Posted via email from littleconcert

2010-08-31

ふたり一役 DOUBLE SHOCK

2010-08-31 0

料理番組にレインコート姿でコロンボが出演。エプロン姿のコロンボがとても可愛いくて印象に残っている「二つの顔 DOUBLE SHOCK 」が昨日からのNHK-BS2 刑事コロンボ 特選の第2夜。とにかくコロンボの行動に目くじらを立てる老メイドのペックさんのインパクトは、中学の頃に初めて観て以来忘れられません。「別れのワイン」では事件の真相をいち早く感づいた女性秘書が、真相を証さない替わりに妻の座という取引条件をさりげなく切り出していました。この「二つの顔」で老富豪と結婚する若い女性の気持ちは、とても共感の出来るものだけれどもコロンボの「うちのかみさん」を基準とした多くの女性像が垣間見られるのも刑事コロンボの面白いところではないでしょうか。

 

COLUMBO - DOUBLE SHOCK

 

大富豪の叔父が若い花嫁を貰った。大富豪には甥っ子がいて、その甥っ子よりも若い花嫁なので財産の行方が心配になって入力中の大富豪のバスタブに電気ミキサーを投げ込んで感電死。若い花嫁がやってきて遺体を発見した時にはローブを着てトレーニングルームにいた。運動中に心臓発作を起こしていたという鑑識の推察にコロンボが疑問を抱きます。煙草の灰を落としたことを老メイドにこっぴどく叱られて、顔を洗っている時に濡れたバスタオルを発見。石けんは塗れていたし、浴槽も使った形跡がある。老メイドが下がる前に綺麗に掃除したと主張するのだから、トレーニングルームに行く前に風呂に入ったという事になる。これっておかしくないかしら。と言うもの。

昨日の「ロンドンの傘」は100分の作品で映画的楽しみ方が出来ました。今夜の「二つの顔」は75分。大富豪の遺体が発見されて早々にコロンボが登場。番組が始まって15分しない頃でした。他の作品同様に犯人の姿を観ているわたしたちは観てる。

でも、75分という長さが功を奏して、次第に双子の甥のどちらが犯行をしたのかがあやふやになって来ます。とにかく終始長いこと双子の甥っ子は仲が良くないことが強調されているのがポイント。冒頭のシーンでも立ち去る1人の姿しか映っていなかったのに騙されたと最後に観ていたわたしたちも演出にしてやられた時がつきます。

そうそう、感電死した老人を浴槽からどうやって引き上げて着替えさせて心臓発作に見せかけることが出来たのか。1人では無理ですね。ふたりで1人を演じての犯行、双子が仲違いすることでコロンボを煙に巻こうとしていたのでした。マーティン・ランドーがデクスターとノーマンの二役を好演。撮影は一人二役だけれども、ドラマはふたり一役だったという事になります。

Posted via email from littleconcert