2011-10-11

小川のほとりで - 写真と音楽に小エッセイ

2011-10-11 0

名曲は創ろうとして名曲と言われる物になるのではない。名曲を作ってやろうと奢りがあるうちは駄目だ、無心の境地で創作はするものだ。それはそうだ。でも、名曲を書くぞ、と成功させた男が居た。ベートーヴェンだ。

作曲された当時は大ヒットして名曲史に連ねられている音楽は多い。いや、一時代でも魅了した名曲は名曲だ。言い回しがおかしいので、表現を変えよう。作曲された当時、聴衆を魅了した音楽は、それも名曲だ。現在、それらを聴いても虜にさせてくれる力がある。そう、ベートーヴェンの音楽にはその“引きつける力”が強いから今でも衰えを感じさせないのではないかしら。

風邪のお見舞い頂きました ありがとうございます♡ ( ´◔‿ゝ◔`) お返しの曲は《田園》第2楽章 [写真と音楽]

2010-11-06

《きょうの写真と音楽》Do You Hear What I Hear

2010-11-06 0
「子供にせがまれて釣りにきたけどあたりなし。」 via brightkite.com

あなたは、またここを訪れて懐かしい響きを聴くことがあるだろう、いつの日か。

2010-11-04

メーテルからの言葉と音楽 / 弦楽のためのセレナード ホ短調 Op.20

2010-11-04 0

女って、男には面倒な生き物かも知れない。

けれども、それに上手にお付き合いできるようになる事で、

男は、次第に本当の大人の男になるのよね。

音楽はエルガーの『 弦楽のためのセレナード ホ短調 Op.20 』。

エルガーの名曲『愛のあいさつ』は、わたしの着信音や目覚ましのメロディーにもなっています。

エルガーは生涯奥さまを愛し続けた作曲家で、『愛のあいさつ』は作曲家を志した証のプロポーズ替わりのラブレターでした。

言葉ではなくて、エルガー自身だけに表現できる楽譜だと言う事は素敵ですね。

Posted via email from Composition of Maetel Style

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング

2010-10-11

風邪のお見舞い頂きました ありがとうございます♡ ( ´◔‿ゝ◔`) お返しの曲は《田園》第2楽章 [写真と音楽]

2010-10-11 0



今日は夕方放送の『てっぱん』が初めてとなりました。今朝は7時前に寝て、たくさんの夢を観ました。起きたら窓の外は夕焼け雲。午後5時をまわっていたので、10時間寝ていたんですね。途中で1回電話の音で起こされて、起きようかと思ったのはまだ午前中だったと思います。ちょっとと思って枕にうっぷしたら、それからが本格的な熟睡に突入したものと思われます。

昨日の体育の日と、今日の振替休日。あまりにも穏やかすぎたかな。空気が心地良くて窓を開けたまま、つい締めないままで居たのがあだとなったみたい。ちょっとしたことも気を引き締めないといけないな。

風邪のお見舞いに、「お風邪のお見舞いです。お大事に…。」のメッセージに添えて信州から写真を頂きました。何よりも嬉しい気遣いです。ありがとうございます。

 

曲は《田園》から第2楽章《小川のほとりで》 ベートーヴェン作曲

1952年、アムステルダム・コンセルトヘボウでの録音

Posted via email from littleconcert

夕焼け [写真と音楽]