2011年12月7日水曜日

米COLUMBIA MS-6201 [6EYEラベル、溝あり] ジノ・フランチェスカッティ(Vn)/ラロ:スペイン交響曲、ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲/スタンパー 1A-1A http://wp.me/p1ZYom-q5

2011年12月7日水曜日

B面の《ラロ:スペイン交響曲》がミトロプーロス指揮ニューヨーク・フィル、A面の《ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲》がオーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団との演奏。ミトロプーロスとの《ラロ》はフィリップス盤でも聴くことが出来ますが、ブラームスやチャイコフスキーに刺激をあたえた《スペイン交響曲》から、およそ半世紀後の《ヴァイオリン協奏曲》はジャズ音楽、ラテン音楽からの刺激を受けて出来た曲。戦争中の英国空軍の英雄ぶりを描いた映画音楽など、イギリスの空白の時間を埋める音楽を意欲的に作曲したウォルトンとの組み合わせというのが面白い。こちらはバーンスタインとの《シベリウス:ヴァイオリン協奏曲》との組み合わせ(SBRG 72351)で後に発売されたレコードもあります。本盤は 6EYE ラベルの初版。

ウォルトンの《ヴァイオリン協奏曲》は名手、ハイフェッツの委嘱で作曲されました。

Ms6201

【協奏曲】2011年12月7日現在、販売中。オーダーはこちらhttp://store.amadeusclassics.com/?p=1617

  • レーベル: 米 COLUMBIA
  • レコード番号: MS-6201
  • オリジナリティ: 6EYEラベル、ミゾ有、1stラベル、スタンパー 1A-1A

曲目 

  1. ラロ:スペイン交響曲
  2. ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

 

演奏

  • ヴァイオリン:ジノ・フランチェスカッティ

(ラロ)

  • 指揮:ミトロプーロス
  • 管弦楽:ニューヨーク・フィル

(ウォルトン)

  • 指揮:オーマンディ
  • 管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • ラロは1957年録音。スタンパー 1A-1A のオリジナル盤で貴重です。
  • 颯爽とした演奏で、ラロはこの曲のNo.1にあげる人も多い名演。ヴァイオリンは美しさと気品に満ちた音で、フランチェスカッティの美音をかなり良く録らえています。オーケストラの音も厚味があり、生気に富んでいます。
  • 盤の状態は良く、ノイズもあまりありませんので良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットは、正面に若干のスレがあるぐらいです。

コンディション:(レコード、ジャケット・カバーの状態)

  • レコード:NM
  • ジャケット:NM


価格 ¥7,000(¥7,350 税込み、送料無料) 

頒布御希望の場合はこちらをご確認ください。 http://store.amadeusclassics.com/?page_id=122

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックスで扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • オーダーはアマデウスクラシックスのオーダー専用メールアドレスでのみ受け付けています。「レコードの評価基準と、ご注文の方法について( http://store.amadeusclassics.com/?page_id=122 )」をお読みの上ご注文をお願いいたします。
  • 扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意するのは約束出来ませんが、SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。同等盤の入手に努力します。

0 コメント: