2011年11月30日水曜日

いったん口をつけた酒は、最後までしっかり飲み干しなさい。

2011年11月30日水曜日

いったん口をつけた酒は、最後までしっかり飲み干しなさい。 --- 手をつけた物事は、とことん飽きるまでやり通しなさい。と言うこと、手がけたことは放棄するな。と言う意味に受け取ることも出来るし、それで問題は無いのだと思う。お酒付きでも知られる、開高健さん(だったとは思うけど)が初志貫徹をご自身の表現で言われていた言葉で色紙の定番のフレーズだったとか。

Beaujolaisnouveau

お酒や物事に限らず、男と女のことにも当てはまると感じています。スルメのように・・・までは、まだ成っていないと自分の身体を眺め回したり、なで回しても自信あるけど、十代の頃からまだまだしっかり味あわれ続けても居る立場なので、いっそのこととことんつきあいたい。つきあって欲しい。

体つきはふっくら気味になってきたけど、目つきは時々中学時代のようだと未だに言われて震いつかれる。

・・・本当はたいした含みは無くて、そこにあるから飲む。それが酒飲みの信条だろうか。かもしれない。わたしが中学の時の男達にとっては、中学生だろうが女子大生であろうが、わたしの姿態に味を見ないではいられなかったと思っている。生意気だから、泣かせてやろうとひとりの女が測ったことがきっかけではあったが。

Posted via email from Composition of Maetel Style

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket