2011年5月15日日曜日

あずき色ラベルの英PHILIPS盤★ジョージ・セル指揮コンセルトヘボウ管弦楽団、ベートーヴェン:交響曲No.5,モーツァルト:交響曲No.34 http://amzn.to/m7cass

2011年5月15日日曜日

純音楽的な『ジャジャジャジャーン』。ベートーヴェンが聴かせたかった《運命交響曲》から大きな逸脱の無い音楽をセルは表現しています。そう、説明した方が分かり易いでしょうか。『運命が子のようにとを叩いた』とベートーヴェンが曲について訪ねられた時に語っているのでドラマティックな演奏も、それはそれで楽しいものです。この《運命》と《田園》は一対として作曲されて、初演も《田園》を先に披露されています。ふくよかな演奏をベートーヴェンが聴かせたとしても《田園》の静かな終わりの余韻のあとに、余分なものを削ぎ落としたようなジャジャジャジャーンが響けば、きっと背筋が伸びたことでしょう。 http://amzn.to/m7cass

Sal3667

ベートーヴェン:交響曲第5番<運命>/シベリウス:交響曲第2番

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい amadeusclassics.otemo-yan.net

トスカニーニの録音をCD化される時にリバーヴを付加して聴きやすくしたリマスター盤がありました。セルの録音を日本盤で聞いた時に冷たい響きだと感じるのは、欧米のリヴィングで再生されることを前提に音作りされているレコードを日本の畳の部屋で聴かれることも配慮されていることに起因しているのかも知れません。米COLUMBIA盤を1度聴いたことがあるオーディオファイルは気がつくことなのですが、ジャズやロックのように各楽器に肉薄したクリアな音作りがされています。米COLUMBIA盤の再生は、スピーカーの間近で聴くよりも距離を置いた方がクラシックらしさを感じるものです。

ジョージ・セルの音楽が“ふっくらとしている”ことを、プレゼンスを一貫して付加して独特のサウンドとして誇っているPHILIPS盤で聴く事で分かり易いと思います。

☆通販レコード 2009年3月紹介時の情報 在庫有り☆ 
【交響曲】 

  • レーベル:英 PHILIPS  
  • レコード番号:SAL-3667 
  • オリジナリティ:あずき色ラベル 


曲目:

  1. ベートーヴェン:交響曲 No.5 《運命》
  2. モーツァルト:交響曲 No.34


演奏:

  • 指揮: ジョージ・セル
  • 管弦楽:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団


試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 純音楽的な名演。フルトヴェングラーが重苦しいという方には格好の演奏でしょう。キリッと引き締まって格調の高い演奏です。セルの音楽は冷たいという批判がありますが、それは国内盤を聴いての印象でしょう。本来のセルの音色は暖かく、ふっくらとしています。それは米COLUMBIA盤や、この盤を聴くと良く分かります。
  • 盤は問題無くNMコンディション。
  • ジャケットも大変良い状態ですが、裏面上部に若干のけば立ちがあります。Ⓟ1967


ⓇNM ⒿNM 

価格 ¥9,000(¥9,450 税込み、送料無料) 

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。 
  • 稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
via amadeusclassics.otemo-yan.net

Posted via email from ClassicRecord

0 コメント: