2011年3月7日月曜日

あの人のあの頃☯ビリー・ジョエル、二十歳。アッティラを聴いてみよう。

2011年3月7日月曜日

石だか、ボールだか分からないけれども『グラス・ハウス』に投げつけてから、ビリー・ジョエルの音楽が変わった。ピアノ・マンのビリー・ジョエルが変わってしまったと、好き嫌いがこの辺りで変わっていく。ビリー・ジョエルが『ストレンジャー』で一躍有名になったのが1977年。今年ソロ・デビュー40年になるので、ソロ・アルバムがでてからも7年間の鳴かず飛ばずだったと言う事になります。

Pianoman2

ビリー・ジョエルが1971年にソロ・デビュー・アルバム『コールド・スプリング・ハーバー~ピアノの詩人』を録音する以前、1970年にユニットを組んで2枚のアルバムをリリースしています。

ユニットって言うけど、当時だったらコンビだとか、バンドって言っていたんでしょうね。

Attila_1970_attila_e30030

ATTILA(アッティラ)という名前のジョン・スモールとのユニットです。それ以前にハッスルズのメンバーだったことは知られていますね。さて、アッティラはどんな音楽をしていたのでしょう。

01-WONDER-WOMAN.mp3 Listen on Posterous

 

Posted via email from Another Sky

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket