2010年12月13日月曜日

バロックの森 ヘンデルの音楽(1)

2010年12月13日月曜日

夜半から降り始めて、熊本は雨で一週間の幕開けです。その為まだ7時を過ぎても暗いままです。何ともこういった天気だとクリスマス前という気分にはなりませんね。どうしたものでしょうか、わたしだけでしょうか?

さて、先週は「ドイツのクリスマス」音楽の特集だったNHK-FMの《バロックの森》ですが、今週は何処のクリスマスかと期待していたら『ヘンデルの音楽』の一週間でひと息といった感じです。来週が『フランスのクリスマス音楽』となっているようです。『イタリアのクリスマス音楽』や『イギリスのクリスマス音楽』も選曲に困るところはないと思うのですけれども、その二つを『ヘンデルの音楽』は総括できそうなところもありますね。

バロックの森 -ヘンデルの音楽-(1)

案内・今谷和徳

2010年12月13日月曜日、NHK-FMで放送。


- ヘンデルの音楽 -(1)

レコードがCDに移行する少し前の頃だったでしょうか、ニッカ・ウヰスキーのコマーシャルでヘンデルの『オンブラ・マイ・フ』が大ブームになりました。白いドレスを風になびかせて歌うキャスリーン・バトルさんの人気はクラシック音楽としては異例な思いでした。それまでオペラのアリアと言えばモーツァルトのフィガロの結婚からの曲が馴染みのある程度ではなかったでしょうか、ヘンデルと言えば『アレルヤ・コーラス』といったぐらいだったのに注目されるようになりました。

今思えばヘンデルのアニヴァーサリーに関連もあったのではないかと思っていますが、最近また1曲がヘンデルのアリアとして人気曲になりましたね。『わたしを泣かせて下さい〜涙流れるままに』というアリアです。日本語としてはちょっと不自然でもありますけれども、このアリアが歌劇『リナルド』からの有名な場面です。

1)

「歌劇“リナルド”序曲」 ヘンデル作曲
(5分41秒)

「歌劇“リナルド”から アルミレーナのアリア
“歌を歌っている小鳥たち”」ヘンデル作曲
(5分39秒)
アルミレーナ…(メゾ・ソプラノ)チェチーリア・バルトリ

「歌劇“リナルド”から リナルドのアリア
“いとしいいいなずけ、いとしい恋人よ”」ヘンデル作曲
(10分27秒)
リナルド…(カウンターテナー)デーヴィッド・ダニエルズ

(演奏)エンシェント・ミュージック室内管弦楽団
(指揮)クリストファー・ホグウッド
<ユニバーサル UCCD-1017/9> ヘンデル:リナルド(全曲、3枚組、日本語対訳付き)Handel: Rinaldo(全曲、3枚組、海外盤) 確かリリースの年のレコード芸術誌でレコード・アカデミーのオペラ部門か、バロック音楽の部門で受賞した録音ではなかったでしょうか、他にも「リナルド」が同年にリリースされて目の前で生々しいドラマが展開しているような演奏、録音とピュアに音楽、歌声を味わう演奏、録音と言った両極の内容でした。好き嫌いと分けられるものではなくてリスナーとしては両盤を必ず聴いておきたい優秀盤です。評価は★★★★。

2)

「ユトレヒト・テ・デウム」 ヘンデル作曲
(24分32秒)
(ソプラノ)エマ・カークビー
ジュディス・ネルソン
(カウンターテナー)チャールズ・ブレット
(テノール)ロジャーズ・カーヴィ・クランプ
ポール・エリオット
(バス)デーヴィッド・トマス
(合唱)オックスフォード・クライスト・チャーチ聖歌隊
(演奏)エンシェント・ミュージック室内管弦楽団
(指揮)サイモン・プレストン
<Decca 458 072-2> Utrecht Te Deum & Jubilate 初発は1979年、オアゾリール・レーベルからです。その後ヴィヴァルディの宗教曲同士の組み合わせになったり、エマ・カークビーのたの録音との組み合わせだったり、また、プレストンの合唱曲の録音で組み合わせられたりと同じ録音ながら幾度となくカタログに登場しています。それは押しも引きも出来ない優れた録音、演奏だと言う事ではないでしょうか。小難しさのない聴きやすいものであることは言うまでもありません。評価は★★★★。


※現在購入できるCDとデザインは違います。

 

 

 

 

 

Posted via email from Amadeus Record Guide

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket