2010年6月26日土曜日

ワルツ第11番 作品70第1 1832年作曲、1855年出版

2010年6月26日土曜日

死後6年経過してから出版された「3つのワルツ」。「別れのワルツ」を含んだ作品69と一緒に5曲の「ワルツ集」として出版しなかったのは何故だろう。

ワルツ第11番は、仔犬のワルツと並んで1分少々で唐突に終わってしまう短い曲です。ウィーンのプラーター公園で聴こえてきそうな、親しみやすさがあります。恐らくサロンで即興的に演奏した曲を忘れないうちにと書き留めたものではないかと思われています。

作品70の3曲は、

  1. ワルツ第11番 変ト長調 1832年作曲
  2. ワルツ第12番 ヘ短調 1841年作曲
  3. ワルツ第13番 変ニ長調 1829年作曲

寄せ集めのような感じはやむを得ずですが、3つのワルツで1曲という構成になっているように聴く事が出来ます。そう考えると、メランコリックな曲調の2曲を作品69として別に曲集としたいとも分かるようです。

 

Download now or preview on posterous
70-1-waltz.pdf (234 KB)
  
Download now or listen on posterous
TroisValsesOp70No1.mp3 (1765 KB)

Posted via email from Chopin Pianism

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket