2011年11月16日水曜日

《名曲探偵のエッセイ》大指揮者フルトヴェングラーがベルリンから音楽監督の地位を追われた、原因の男。 - 11月16日の事件推理

2011年11月16日水曜日

フルトヴェングラーが、ベルリンの音楽監督の地位を追われることになってまでも応援した作曲家が居た。「音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る」と説いた作曲の手引きを書いている生粋のドイツ人作曲家だったパウル・ヒンデミット、11月16日はその作曲指導を実践するが如く、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスといった弦楽器。フルート、オーボエ、イングリッシュ・ホルン、クラリネット、ファゴット、アルト・サクソフォンなどの木管楽器。ホルン、トランペット、トロンボーン、チューバなどの金管楽器。つまり、オーケストラに含まれる楽器のすべてといっていい独奏楽器の為のソナタを作曲しているヒンデミットの誕生日です。

Media_httpimagemaster_iypnq

Werner Neumeister - Paul Hindemith, Munich, Herkulessaal, 1962 via masterart.com

 


ヒンデミットの誕生日だから、今日はヒンデミットのソナタを練習すると日付の変わった頃にTwitterに書き込まれたツイートは、夕方になった今では「帰宅したら僕も」と反響が続いています。
みんなそれぞれ練習楽器は違うのだろうけど、同じオーケストラの楽員が全員、今日はヒンデミットの練習をしているかもしれない。と、想像しただけで愉快だ。

パウル・ヒンデミット、名前も容姿も生粋のドイツ人らしい。当初はナチスの粛清の対象とならなかったが、ヒンデミットはナチスへの非難を隠そうとせず、1934年には作品の上演が禁じられた。これに意義抗議文を新聞に投稿してフルトヴェングラーも粛清されることになったのだけど、ヒンデミットはさっさとアメリカに渡ってしまった。二度とドイツに戻ろうとしなかったそうだけど、心中はどうだったのでしょう。応援してくれた仲間をほっぽり出して一人アメリカ人になった形だ。しかし、いかにもドイツ人らしい容姿のために戦時中のアメリカでの生活は苦労もあったのでは無いでしょうか。

【ヒンデミットの名曲】※アナログオリジナル盤はアマデウスクラシックスに在庫あります。
英COLUMBIA/ALP-1251/ラファエル・クーベリック指揮シカゴ交響楽団/ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容、シェーンベルク:オーケストラのための5つの小品/4,200円(税込、送料無料)

 

 

アマデウスクラシックス! 稀少アナログ、オリジナル盤通販サイト 11月更新:フルトヴェングラーが音楽監督の地位を追われた男 via amadeusclassics.otemo-yan.net

Posted via email from Colorful Calendar

0 コメント: