2011年7月20日水曜日

今日聴くべきクラシック - NHK-FM《古楽の楽しみ》 - モンテヴェルディの音楽-(3) 嵐の中で聴いてみよう“おじいちゃんの知恵” http://amzn.to/oc10de

2011年7月20日水曜日

倫理的な森という名称の喫茶店がありました。中学の時に友達の家に遊びに行く行き帰りの途中で、見つけた本屋に寄ったりビルの中を冒険したりしていた時に見かけた喫茶店。その哲学的な響きに興味を引かれていました。モンテヴェルディの超大作《倫理的・宗教的な森》の原題は“Selva morale e spirituale”で、元来の意味は「イタリア語による道徳的内容の曲やラテン語の宗教合唱曲の集成」といった意味らしい。“Selva”という単語には“森”という意味合いもあるから邦題をつけた人が誰で、どういういきさつがあったかは知らないけれども妙訳を見いだしたものだと面白く思っています。《聖母マリアの夕べの祈り》が極められた最高の宗教作品であるのに対して、鬱蒼としています。《聖母マリアの夕べの祈り》の残骸や素材、断片の様なものがいろいろと見いだされる曲集である意味とらえどころが無い。モンテヴェルディが最晩年にまとめたものだから、ぶつぶつ老人の戯言の様な趣でいろいろな人が立ち寄り、言葉を交わしたり物事にふけったりして立ち去っていく喫茶店にはぴったりなのです。

台風6号はとってものろのろした歩みで、熊本が強風圏から抜けるのはお昼前になる予報。老作曲家のつぶやきの様な《倫理的・宗教的な森》からの数曲を、嵐の中で聴いてみよう。

Frontcover-47

Selva Morale http://amzn.to/oc10de

古楽の楽しみ -モンテヴェルディの音楽-(3)

案内:礒山雅 2011年7月20日、午前6時からNHK-FMで放送
- モンテヴェルディの音楽 -(3)

「“倫理的・宗教的な森”から グロリア」モンテヴェルディ作曲 (12分26秒)

(合唱、演奏)レザール・フロリサン
(指揮)ウィリアム・クリスティ
Harmonia mundi(仏)HMC 901250

「“倫理的・宗教的な森”から 詩編 第112編
“主をおそれるものはさいわいである”」モンテヴェルディ作曲 (7分49秒)


(合唱、演奏)ムジカ・フィアタ
(指揮)ローランド・ウィルソン
Sony Classical SRCR 9512

「詩編 第111編“主よ、私はあなたに感謝します”」 モンテヴェルディ作曲 (6分34秒)

(ソプラノ)モニク・ザネッティ
(合唱、演奏)レザール・フロリサン
(指揮)ウィリアム・クリスティ

「モテット“私たちはあなたを崇拝します、キリストよ”」 モンテヴェルディ作曲 (3分40秒)


(合唱、器楽)レザール・フロリサン
(指揮)ウィリアム・クリスティ
Harmonia mundi(仏)HMC 901250

「“倫理的・宗教的な森”から サルヴェ・レジナ」 モンテヴェルディ作曲 (5分50秒)


(カウンターテナー)デーヴィッド・コーディア
(テノール)ウィルフリート・ヨッヘンス
(バス)ハリー・ファン・デル・カンプ
(器楽)ムジカ・フィアタ
(指揮)ローランド・ウィルソン
Sony Classical SRCR 9512

「聖母マリアのリタニア」 モンテヴェルディ作曲 (10分11秒)


(合唱、器楽)レ・イスティトゥツィオーネ・アルモニケ・ヴェローナ
(指揮)マルコ・ロンギーニ
<Nuova Era 7118>

Posted via email from Colorful Calendar

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket