2011年5月30日月曜日

ソロの音色は優秀の極み☆カール・ベーム指揮ベルリン・フィル / モーツァルト:ポストホルン・セレナーデ、セレナータ・ノットゥルナ 1stラベル http://amzn.to/mLSY12

2011年5月30日月曜日

パユ、マイヤー、バボラークと言えば現在のベルリン・フィルのスター奏者。レコード世代のベルリン・フィルの御三家と言ったらジェームズ・ゴールウェイ、ロータ・コッホ、そしてホルスト・アイヒラーと言ったスター・プレイヤーを存分に美音を披露させながらも手綱は固くモダンなモーツァルトを聴かせてくれていたのがカール・ベームという指揮者。イメージは悪く捉えられるのをあえて承知で言い替えれば、管理統制されたクラシック音楽の鑑。オーケストラとしての調和と秩序が音盤に記憶された歴史のサンプルにこの《セレナーデ集》以上のレコードは思いつきません。そしてまじめなクラシック音楽として愛聴されていくのでしょう。 http://amzn.to/mLSY12

Dg2530082

モーツァルト:アイネ・クライネ、ポストホルン CDはウィーン・フィルとの《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》も聴ける名盤定番 http://amzn.to/mLSY12

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい amadeusclassics.otemo-yan.net

大見得を切った醍醐味に身が打ち震える様なオーディオ的快感は楽しめないかも知れないけれども、一つ一つのソロの輪郭のくっきりした録音は優秀の極み。針をおろせばやはりホッとできて、気がつけば1枚聴き通してしまっているという存在のレコード。

☆通販レコード 2009年3月紹介時の情報 在庫有り☆ 
【交響曲】 

  • レーベル:独 DEUTSCHE GRAMMOPHON
  • レコード番号:2530 082
  • オリジナリティ: ブルーリング・ラベル、1stラベル


曲目:モーツァルト:

  1. ポストホルン・セレナーデ
  2. セレナータ・ノットゥルナ


演奏:

  • 指揮: カール・ベーム
  • 管弦楽:ベルリン・フィル


試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1971年録音。最晩年ほどにはテンポが重くなく、テンポ、リズム共に文句の無い演奏。ベルリン・フィルの少し暗めの音色がいかにもドイツ風で良い響きです。曲自体がオーディオ的な曲ではありませんが、個々の楽器が一つ一つ良く録られた優秀録音。
  • 盤、ジャケット共に何の問題も無く、NMコンディション。


ⓇNM ⒿNM 

価格 ¥6,000(¥6,300 税込み、送料無料) 

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。 
  • 稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。

Posted via email from ClassicRecord

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket