2010年9月5日日曜日

ガレリア座公演 日本語訳詞による《運命の力》本日上演日です。

2010年9月5日日曜日

歌劇“運命の力”の日本語による訳詞上演。いよいよ、午後からです。新宿に直ぐ行けるクラシックファンの皆さん。時間の取れる方はぜひ出向かれてください。

ヴェルディの歌劇“運命の力”は、ヴェルディの作品の中でも“アイーダ”を凌ぐ出来だと思います。でも内容が理解しにくいためでしょうか、独唱者に魅力が多分に必要。取り立てソプラノの力量はレベルが高いことが要求されます。その割りには有名なアリアとかと言った効果的な見せ場が少ないのも難しいところ。

録音では名盤も少なくなくて、ヴェルディの歌劇の中で好きな作品にあげるクラシック・ファンは少なくないでしょう。

さて、わたしも好きな“運命の力”。ツイッターで知り合った米在住の翻訳家、三浦真弓さんの日本語訳で上演されます。古くに訳されたもので上演されても表現などにずれが感じられるものですけれども、今回は現代に分かり易いニュアンスで作られています。ただ事務的に日本語を音符の数に合わせた不自然な日本語ではなくて、日本語の喋り方とメロディを合わせることに努力されています。

読む日本語と実際のしゃべりは違うもので、現在読んでわかりやすい日本語訳も作業が進行中です。

ガレリア座 第23回公演
G.ヴェルディ作曲
 
歌劇「運命の力」
全4幕 日本語訳詞上演
2010年9月5日(日)午後2時開演
於 新宿区立新宿文化センター 大ホール

Posted via email from littleconcert

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket