2012年2月16日木曜日

【必聴盤】マルチチャンネル対応!ルイサダのショパンSACD超特価 - 舟歌&幻想ポロネーズ~ショパン名演集

2012年2月16日木曜日

濃密ロマン系のショパン解釈者として揺るぎない人気を誇るフランスのピアニスト、ジャン=マルク・ルイサダ。

彼が2007年に来日した時に録音されたSACD盤が、今日限りのお買い得。来日公演のライヴ録音ではなくて録音セッションを組んでの万全の音。フィリップ・トラウゴットのプロデュースですから、ピアノ・ソロの録音は最高。いったい彼はどのような魔法を使うのでしょう。レッド・シールで彼の名前がクレジットされていたら、ピアノの録音だったら必聴です。

Luisadajouechopin

マルチバイ特価(税込) : ¥690 

一般価格(税込) : ¥4,190

2012年2月16日(木)までHMVで超特価

 

往年の巨匠たちにも深い共感を示し、独自の道を歩むルイサダの演奏には複雑な魅力が備わっていますが、そうした情報量の多さをCDで聴きとるには、録音のクオリティが非常に重要です。
このSACDアルバムは、「日本でこそ、最高のホールとピアノとを使って集中的な録音ができる」というルイサダ本人の強い希望で制作されたものです。会場に選ばれたのは、軽井沢の大賀ホールで、2007年、来日の際にレコーディング・セッションが組まれています。
プロデューサーは、元BMG CLASSICSのプロデューサーで、パーヴォ・ヤルヴィの録音も手がけているフィリップ・トラウゴット、エンジニアは、鈴木秀美など数多くの日本人アーティストの録音を手がける櫻井卓&杉本一家。ルイサダ独自のピアノのサウンドを精緻に再現する素晴らしい録音です。
曲目も有名な傑作が中心で、ルイサダのピアニズムを心ゆくまで味わうことが可能です。(HMV)

 

ショパン:

  • ノクターン第20番嬰ハ短調『レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ』(遺作)
  • ノクターン第1番変ロ長調Op.9-1
  • ノクターン第16番変ホ長調Op.55-2
  • 舟歌 嬰ヘ長調Op.60
  • ポロネーズ第7番変イ長調Op.61『幻想ポロネーズ』
  • スケルツォ第4番ホ長調Op.54
  • エチュード変イ長調Op.10-10
  • エチュード変ト長調Op.10-5『黒鍵』
  • ワルツ第3番イ短調Op.34-2『華麗なる円舞曲』

ジャン=マルク・ルイサダ(ピアノ)

録音:2007年11月6-9日、軽井沢大賀ホール
DSD Recording
SACD Hybrid
Multi: 5.0 channel/ SACD Stereo /CD Audio

 

2009年3月9日リリース。

蓄音器でレコードを楽しむコンサート:今日限り ルイサダのショパンSACD超特価 via spconcert.otemo-yan.net
ルイサダのショパンSACD超特価|器楽曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE CD、DVDの通販-ゲーム、書籍、タレントの写真集も via hmv.co.jp

Posted via email from Chopin Pianism

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket