2011年7月26日火曜日

俄雨でもおヘソ出し、雷さまだって思われちゃったかな。

2011年7月26日火曜日 0

買い物袋はお持ちですかぁ?・・・はぁい、と肩に掛けたバッグを見せたところで、おつりを渡そうとしたレジの子の言葉が止まった。ん?、息を呑んだって感じでした。おヘソが気になったのかな?・・・店内ではBGMで聴こえていた、「おひさま」のヴォーカル・バージョンが終わったところでした。

玄関を出て直ぐにぱらぱら降りそうで、でも大変な降りにはならないだろうと思いながらも傘を取りに一端取りに戻って幸いでした。5分ほど歩いたところでドーンと降り出した。風もあって、とても烈しくてふくらはぎは直ぐにびっしょり。直ぐ止むかもしれないからと、写真は咄嗟に雨宿りした近所のお宅の軒先から撮影。

Posted via email from Composition of Maetel Style

夏!これから本番だ 専大玉名、甲子園へ。第93回全国高校野球選手権熊本大会は専大玉名が1対0で熊本工を下し甲子園初出場を決めた。

遂一段落ついた思いがするけれども、全国大会はこれからだ。ここから本番ですね。初回で戻ってきたりと、地区大会で策つきたって感じがあるのが惜しい。地区大会優勝のあとのお祝いが行きすぎているのかな。わたしにも覚えのある事だから気の毒でしょうがない。


〈速報〉専大玉名、甲子園へ
第93回全国高校野球選手権熊本大会は、藤崎台県営野球場で決勝戦を行い、専大玉名が1対0で熊本工を下し、甲子園初出場を決めた。   (2011/07/26 11:27:47)

真夏のある日、ボクは君と再会したんだ。 via instagr.am

古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(1)ドゥランテ晩年の傑作ミゼレーレ!

ポルポラやフェオと同時代に活躍したナポリ楽派の音楽家、フランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755)の教会音楽集。

オペラで名声を確立したポルポラやフェオとは異なり、器楽、室内楽、そして教会音楽の作曲家として名を広めたドゥランテ。通奏低音付きのア・カペラ「ミゼレーレ」とモテット様式の合唱作品「短い晩課」は、18世紀ナポリ楽派の教会音楽の発展に大きく貢献したドゥランテの重要作である。

※試聴とダウンロード Ensemble strumentale Sagittario, Antonella Arnese, Ensemble vocale Il Dodicino, Giovanni Acciai, Davide Pozzi

Cover

天宮飯店の夏:麻婆春雨豆腐

日曜日の帰宅前に買った豆腐、39円でした。飲み物も、インスタント麺も牛乳も7月になって充足してきたようです。今日は買い物に出ないで急速とるつもりで日曜日のうちに買い物を済ませました。朝に燃えるゴミを出しただけで、予定通りで良かった。夕食も予定通り麻婆豆腐を、と取りかかったところで春雨も加えてみる事にしました。

見た目にもボリューム感があって成功。きんぴら牛蒡はいたってシンプルにしておかずには充分でした。

遠雷がゴロゴロ、強い夕立だった熊本。

遠雷がゴロゴロ、夕方前から鳴っていておヘソがむずむず。見た目は造りものだけど、その数センチ下、もともとおヘソがあったところには本物のおヘソが残っているからですね。熊本は天気予報の通りに夕方集中的な雨になりました。でも、夕立と言った感じ1時間ぐらい降ったり弱まったりしたぐらいです。でも、街中は稲光など怖いくらいだったんじゃないかしらね。

雷さん。来るなら来いって、元気付けるために夕方に食べたジャージャー麺。

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket