2010年9月13日月曜日

冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春・・・

2010年9月13日月曜日 0

嵐が扉を烈しく打ち開いた音に、ジークリンデは大きな悲鳴を上げる。怖がらないで大丈夫だよ、入ってきたのは、ほらっ、春の兆しだ・・・、と紅潮したままのジークムント。ジークリンデは夫のフンディングの手下達が入ってきたのかと驚いたのでした。誰もいないことが確認できると、若い2人の抱擁はエスカレートしていく。ジークムントは父の残した霊剣ノートゥングを得た心強さ、トネリコの幹に深く突き刺さっていて誰にも抜くことの出来なかった剣をことも容易に抜き取った男に期待感を高めるジークリンデ。不安で抑えていた感情が吹っ切れると、2人は身体を重ねてしまう。そして2人はフンディングの家から逃走する。

「冬の嵐は過ぎ去り、快い月となった」(ジークムント)
「寒い冬の日々に私が憧れていた春こそあなたです」(ジークリンデ)

無限旋律と言われるワーグナーの音楽のもっともたる「ワルキューレ」の中で、烈しく扉の開く音楽の後一瞬の間があって優しく春が入ってくる。アリア「冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春」としてテノールのレパートリーとして古くから張りのあるテノール歌手は得意としています 。ワーグナーの音楽は作品の世界観などの要素が深く影響しているので、単独で歌われることは少ない。きっと歌う方も気持ちを持って行くのが難しい曲なのかも知れませんね。
その点、愛の場面を切り抜いたと思って歌ってもらった方が苦労の果ての安らぎとの遭遇の歌ではなくて、醸し出すエロティックが楽しめるんじゃないかしら。

  
Download now or listen on posterous 冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春.mp3 (14044 KB)

 

Posted via email from Amadeus Record Guide | Comment »

冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春・・・

嵐が扉を烈しく打ち開いた音に、ジークリンデは大きな悲鳴を上げる。怖がらないで大丈夫だよ、入ってきたのは、ほらっ、春の兆しだ・・・、と紅潮したままのジークムント。ジークリンデは夫のフンディングの手下達が入ってきたのかと驚いたのでした。誰もいないことが確認できると、若い2人の抱擁はエスカレートしていく。ジークムントは父の残した霊剣ノートゥングを得た心強さ、トネリコの幹に深く突き刺さっていて誰にも抜くことの出来なかった剣をことも容易に抜き取った男に期待感を高めるジークリンデ。不安で抑えていた感情が吹っ切れると、2人は身体を重ねてしまう。そして2人はフンディングの家から逃走する。

「冬の嵐は過ぎ去り、快い月となった」(ジークムント)
「寒い冬の日々に私が憧れていた春こそあなたです」(ジークリンデ)

無限旋律と言われるワーグナーの音楽のもっともたる「ワルキューレ」の中で、烈しく扉の開く音楽の後一瞬の間があって優しく春が入ってくる。アリア「冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春」としてテノールのレパートリーとして古くから張りのあるテノール歌手は得意としています 。ワーグナーの音楽は作品の世界観などの要素が深く影響しているので、単独で歌われることは少ない。きっと歌う方も気持ちを持って行くのが難しい曲なのかも知れませんね。
その点、愛の場面を切り抜いたと思って歌ってもらった方が苦労の果ての安らぎとの遭遇の歌ではなくて、醸し出すエロティックが楽しめるんじゃないかしら。

冬の嵐は過ぎ去り、君こそは春・・・











夕月

カンロと音楽大学の共同開発! 声を使うプロも納得の『ボイスケアのど飴』 9月13日発売

今回、カンロと共に商品開発に携わったのは、国立(くにたち)音楽大学教授で声楽家の小林一男氏と同校の学生たち。「オペラ歌手現役時代は、24時間声やのどのことを考えていた」と語り、実際にのどに良いとされるものを国内外から取り寄せていたという小林教授。
同商品の開発時には、教授のアドバイスをもとに、さまざまな素材や商品を集め、研究室で徹底的に分析を実施し、新しい「ハーブエキス」の調合に成功しました。また、音大生たちにも、のどを労わる工夫や、好きなのど飴についての意見を徹底調査。試作品の数は60種類以上にのぼりました。

商品を開発する中で最も苦労したのが、「おいしさとのバランス」。なめやすいものだと「のどに良さそう」という感覚が薄れ、逆に「効きそうだ」という感覚が強すぎると、飴としてのおいしさを失ってしまうなど、様々な意見が挙がりました。
バランスを保つ難しさを乗り越え、様々な原料の配合を少しずつ変えながら、ようやく完成に至ったという経緯があります。

おいしさは半ば諦めることは出来ていたけれども、わたしとしては舐めやすさは重要なポイントです。舐め過ぎも良くはないと思うので、途中で辞めるか一粒を割れるようになっていると有り難い面もあります。
そういう点で顆粒状の利用もしていたりするんだけど、扱いづらいので携帯しにくいのが難点でした。

Posted via email from Amadeus Record Guide

夢見てるのは宇宙規模。まずは明日やりたいことを推敲中。

A Day of Good Photo : 3才児検診帰りにカフェで黄昏モード

めぞん一刻は時代の寵児だったのか? 昭和の当たり前の空間に開いた異世界との接点だったのか?

現代っ子(とは古い表現だけれども、デジタルネイティヴ)には「めぞん一刻」はどう思えるのでしょう。
内容的には(高橋留美子さんの経験不足なのか、読者にあわせて引きずられてしまっていたのかは分からないけれども)充分に大人の恋愛漫画とはなっていなかったけれども、大人の読者も獲得しようとした漫画ではあったと思います。
ただ、アニメ版のうる星やつらでも原作の漫画は少女マンガ要素を大きく含んでいました。テレビアニメ化されたことで中盤以降は、あだち充をヒットさせる橋桁になって行っただけのような思いもします。
コミックは一通り揃えたものの、わたしにしては結果持ち腐れになったものでした。

犬夜叉でも似たようなジレンマを残して終わらせてしまったように思えます。カゴメが現代に戻ってきたときの説得の無さ、こちらの方が現実の生活のはずなのにどこか夢の世界(あるいは表現はおかしいけれども、漫画の世界)のようでした。
現代の世界に妖怪が登場したとき。わたしは世界の広がりを期待したのですが展開不足。四魂の珠を集めるというテーマだけだったら、新展開もあったのでしょうが奈落の存在はボスキャラ倒しの、ドラゴンボールか聖闘士星矢のようになってしまって、わたしとしては「戦国御伽草子」の味わいが消えてしまった思いでした。
でも、このぎこちないルーミックワールドが「最終兵器彼女」などを導くものになったのではないでしょうか。
ガラスの仮面も長期連載があだになっているし、クレヨンしんちゃんも日常で勝負できるはずなのに映画での荒唐無稽な設定で感じられる通りサザエさんという不動の存在がある限り、、、

めぞん一刻のような世界は、もう日本のどこにもないんだろうか。昭和的な漫画の世界は時代の流れの中に消え去ったのだろうか。登場人物も、描かれる世界も現実とそう変わらない、超能力も飛び道具もない、近未来でも異世界でもない、そんな設定のラブコメ漫画は大ヒットはしないのかな。。。
、、、という事になるのかも知れませんね。

Posted via email from littleconcert

底抜けに〜!!「ちりとてちん」を観ています。

ゲゲゲの女房の放送に合わせるように、NHK Bs-hiで日曜日の深夜に「ちりとてちん」が1週間分まとめて放送。テーマ音楽でピアノ演奏を担当したのが松下奈緒さんでした。モデルさんで作曲も出来るピアニスト。ゲゲゲの女房の主役に選ばれたきっかけは、「ちりとてちん」でのピアノ演奏を担当されたことにあるんでしょうね。
演技の方は、毎日5回も観ていると脇に救われているなあと思うところは、どちらかというと目にとまりがちですがムードメーカーとしての魅力は感じられます。「ちりとてちん」も明るいピアノ演奏で、深夜の放送にもかかわらず早朝のさわやかさを感じています。
ゲゲゲの女房と同様、ちりとてちんの再放送も来週でお別れです。

Posted via email from littleconcert




オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング