2010年8月18日水曜日

現在熊本県内、3万1,700戸が停電中だと言うことです。

2010年8月18日水曜日 0

通り雨が雷を伴っているな、って程度に思いながらも予感があったのか作業中の手を留めてiMacをストンとシャットアウト。普段はログアウトするぐらいですが、システム終了もスノーレパードになってとってもスピーディー。前のシステムではブラウザを終了するにも数分間は待つ必要がありました。メールも起動や終了に時間が必要でした。起動途中で終了させると書きかけ一時保存のメールが綺麗に消失していたり、終了を急がせると「アプリケーションが反応しません」とメッセージが出て強制終了をするといった二度手間で短くても5分は必要でしたからスノーレパードになってからのスムーズさにはまだまだ驚きが治まりません。本当に終了処理をしているのかしらと思うほどです。

今日の雷雨は雨の降り方はゲリラ豪雨という感じがあったのは降り始めぐらい、ところが落雷が凄まじかったです。数分間の間に稲光が近くに落ちるのを見ました。

映画「暗黒街のふたり」を見終わってまもなく、雨でBs-hiが受信できなくなったのが午後4時45分頃。しばらくは「暗黒街のふたり」の記事を書き込もうかと思っていました。それを切り上げてiMacの電源を落としたのが5時前。洗濯物を取り込んだりしていたら、窓の外に稲妻の連続。写真撮影を試みてみたけれども、光ってからシャッターを切っても間に合うわけではありません。それでカメラをムービーモードにして網戸に固定、運がよければ固定しているフレーム内に写っているかも知れないという程度の気持ちでしたが、数分間の間に遠くの鉄塔に南側から順番に落雷。高圧電線って、普段は怖いなあって見上げていたけれども避雷針の替わりにもなってくれて今日は心強さを感じました。

 

写真はムービーのフレームを切り出したものです。わたしが見ていて驚いたのは12枚目に写っている落雷。それがこうして前後のフレームを見てみると、12枚目以前にとても怖い感じで思いがけない連続。雷が落下しているのではなくて、それ以前に地上から登っているようです。地上と雲の間にたまった静電気が雷となると言うことが良く分かりました。雷が近づくと髪の毛が逆立つのは、そういうわけなのですね。

最初の稲光の前に左下から紫色の光が伸びています。どうも、わたしの自宅の光回線のケーブルが引き込んである当たりに見えます。昨年7月末の一発の落雷で停電、停電は数分後に復帰したのですがネットが3日間使えませんでした。近所一帯に起こっていたようで近所の光で店内音楽を流しているスーパーとディスカウント・ストアが替わりにラジオを鳴らしていたので分かりました。その後、九州電力の屋外工事が数日行われていたので停電時の対策が行われたのでしょう。最近は落雷での電流の不安定も減りました。

今日もわたしの家は停電することはありませんでしたけれど、熊本県内、市内から西南部では広い範囲で停電しています。現在、3万1,700戸が停電中。ツイッターとかブログをパソコンから更新している方々は、停電の復旧を今か今かと待っていることでしょう。わたしも宇土の方に親しいブロガーさんが居るから心配です。

Posted via email from littleconcert

Deux Hommes Dans La Ville(cont.)

映画「暗黒街の二人」がもう少し長い作品だったら、途中までしか観られなかったかも知れない。風が吹き始めて雷が来そうだと感じながらクライマックスのギロチンのシーンに見入っていました。本当にアラン・ドロンの目の表情は良いですね。目だけで演技できるというか、澄んだ青い瞳も魅力的。

前のエントリーに、一緒にアップしようとしていた写真の追加です。一度にアップできる枚数に制限があるのでしょうか、どうにかしてまとめて載せたかったのですけど雷が落ちそうだったので早々に更新。雷の季節、エントリーがいくつかに別れても長時間の推敲はしないで更新した方が良いかもしれないと考えています。

Posted via email from littleconcert

Deux Hommes Dans La Ville

暗黒街の二人・・・「わたしは法の正義を信じてきた。しかし、その裏側を見てしまった。・・・裁判は茶番劇なのか、既に審判はその前に決議しているのだ。・・・・フランスには未だにギロチンが2台ある。1つはパリに、もうひとつは地方を巡回している」

 

ジャン・ギャバンとアラン・ドロンが共演した最後の映画「暗黒街の二人 Deux Hommes Dans La Ville 」は、ジャン・ギャバンの最後の出演作品となりました。冒頭、ジャン・ギャバンのモノローグで始まります。今回の役柄はギャングの大ボスでもなく、囚人だったアラン・ドロン(ジノ)の保護司カズヌーブという役です。役柄もあるのかも知れないけれども、凄くくたびれた印象がします。

アラン・ドロンの映画で、ビッグガン、フリック・ストーリーと家族との愛情を描いた作品が増えていきますけど、「暗黒街の二人」でボール投げや登山、カヌーやピクニックといった野外で家族、恋人たちと過ごす映像が挿入されているのが印象的。陰惨なラストを和らげています。

「暗黒街の二人」というタイトルは印象的で、暗黒街のギャング映画のようなポスターも忘れられないけれども、作品自体は今日初めて観ています。と言うのか、見たことがあったとしても印象に残っているシーンはなくて今回初めてストーリーを理解したというところです。初めて観た時は中学生ぐらいだったはずで、内容の端々には母が時々話していた事柄と重なる部分も多いので、映画の流れにわたしが乗り切れないでいただけで母と一緒に見ていたのかも知れない。

母が話していたことは、一度手を染めたら足を洗うことは難しい、いや、させて貰えないという事。出所したアラン・ドロンに早速近寄ってきたのが以前の強盗仲間。アラン・ドロンを仲間に引き戻そうと執拗で、家族を失いアラン・ドロンも自動車事故を起こすことになります。その後すさんだ生活を送りますが、新しい恋人(ミムジー・ファーマー)が出来る。しかし、彼女が銀行員だというのでアラン・ドロンを逮捕した刑事(ミシェル・ブーケ)が執拗につけ回す。運悪く、国外から戻ってきたもとの仲間と会っているところを見られてしまう。仲間はアラン・ドロンが銀行を狙っていると思っている。悲しいものです。

警察や、裁判、死刑制度に対する社会はドラマと言われますけど、抒情性も感じられる映画です。本来の「Deux Hommes Dans La Ville」は、街の二人と訳すことが出来ます。日本公開の1973年には、アラン・ドロンとジャン・ギャバンが主演なのだからと「暗黒街の二人」とつけられたのでしょうけど今となっては別の邦題があったらと思います。でも、顧みられない映画ではないのは救いです。

音楽はフィリップ・サルド

撮影、ジャン=ジャック・タルベ

脚本・監督、ジョゼ・ジョヴァンニ

・・・・・・・・・・熊本では遠くから雷鳴が近づいています。映画が裁判のシーンになった頃から部屋が暗くなってきたので照明をつけました。風も次第に強まっています。

 

Posted via email from littleconcert

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング
 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket