2010年6月18日金曜日

どれほど用心していても信頼しているほどに人為的にトラブルを招いてしまう。

2010年6月18日金曜日 0

インターネット検索最大手のグーグルなどの企業が去年からことしにかけてサイバー攻撃を受けたとされる問題で、攻撃は企業の取引先を装ったメールを送りウイルスに感染させるなどの巧妙な手口で行われたとする調査結果がまとまりました。

どれほど用心していても信頼しているほどに人為的にトラブルを招いてしまう。どれほどインターネットが進化しても、人と人。心と心を橋渡ししてくれるのはメール。事務的な味気ない内容のメールであっても、取引先との信頼に踏み行ってくるような心ない行為には嘆かわしさを感じる以外にありません。

どんな時でも電子メールだけは手際よく片付けるものだから、「初歩的な手に引っかかる」とほくそ笑まれようとも致し方のないことです。


Posted via web from littleconcert

【新機能】楽天のモーション・ウィジェット。

夕方、アメブロの「なう」に新しいフォロアーが増えました。わたしがフォロワーを承認するステップとしてブログ、サイトのリンクがあれば訪問して更新の様子を観ます。
その時目にとまった、ブログ記事の内容も重要になる事は仕方のないことだと思う。読者になって貰う分には良いんだけど、それで親しくなった気持ちになってしまうのも居ることは困ったところ。
しかし様々な考え方で作られているブログを観ていると、記事の内容以上にサイドバーで面白い体験をします。今日の新しいフォロワーさんのブログのサイドバーに、最近わたしが楽天でチェックした商品が連続で表示されたのにびっくり。え、このフォロワーさん、前からわたしの事を知っている方なのかしらと驚きました。表示される楽天商品が全部チェックしたことがある商品ばかりだったからです。
それがこの「楽天モーション・ウィジェット」。
このウィジェットは、ブログに訪問した楽天ユーザーが閲覧したことのある商品や購入履歴から最適な商品を自動表示するというものです。効率は良いウィジェットだけど、次の選択をレールを敷いて待ってられるようで思いがけない発見には反したものにもなりそう。

幸福なSEX。自分の人生だから自由に選んで生きていきたい。

今朝は「ゲゲゲの女房」に引き続いて「あさイチ」の金曜日のプレミアムトークで、ゲストとして向井理(むかい・おさむ)さんが出演。向井さんの経歴は面白い。多種多様で、それぞれの道でも成功しそうなほど。サッカー少年から、大学では遺伝子を専攻してベスト・ポスター賞を受けたほど。役者の道を目指す前にバーの店長も経験。

バーの店長をするという時お母様は、「一つの店の経営という責任を負うことは大きな経験になるから良いと思った」とか。確かにそう思う。組織としての同業者間のルールもあるし、冒険というか出し抜くタイミングは自分で決断しなくてはいけない。大きい企業でも、口出しできる時としてはいけない時がある。そういうジレンマで思い通りに動けないから嫌だと企業組織に不満を感じている人は少なくないと思います。でも小さいバーといっても、同じ世界の隣り合った店を一抱えにした大きな企業組織だとわたしは考えています。見方を変えれば一つのプロジェクトだと思ったらいいと思う。それこそ会社の責任者になるよりも、度量が試されるから機会があったら短い期間でも体験したらいいと思います。きっと経営者の考え方を垣間見ることが出来るので、不平不満を簡単には言いにくいものになるんじゃないかしら。

「ゲゲゲの女房」を観ていても感じていることだけれども、本が売れなくて苦しい生活と言ってもマンガを描く原稿用紙、インク。絵の具。それが不足していない生活が凄い。ケント紙1枚でも、あめ玉が何個か買えた時代ですよね。

さて、向井理さんと言えば昨年に連続してでた「anan」でのヌード。NHKだから触れないで終わるだろうと思ったけれどもきちんと取り上げていました。スキャンダルではないから問題にすることではないんだろうけど、朝の連続テレビ小説もキャスティングは意表を突く出演者を立て続けに選択していて面白い。

ヌードもかっこよくて、いやらしさもなくて気負いのない自然さが素敵ですね。

Posted via web from littleconcert

福神漬けを添えて撮せば良かったかな。挽肉と茄子のカレーに牛肉煮のコンビネーション。

おヘソ供養日の朝となりました。今日のお昼に食べるお稲荷さんは支度してあります。昨日からの激しい雨、梅雨本番突入の合図。1度ゴロゴロと遠くで雷さまがしました。雷さまも天然育ちのおヘソの方が、養殖物よりも嬉しいでしょう。

梅雨になるとカレーといえども痛みやすいのが怖いところ。お稲荷さんだってカビに狙われます。

一昨日の夜は「挽肉と茄子のカレー」。茄子を1本使ったけれども、多すぎたかと思ったものの調度良いぐらいでした。牛乳を加えたのもまとまりの良いものに仕上げられたようです。カレールーは、ハウスのこくまろ中辛を半箱。インゲンを添えれば良かったね。写真写りが地味です。

そして、昨日の夜というのか、今朝の早くに食べた夕食なんだけど当初はカレーに加えようかと作り始めていたのでバター風味になってしまいましたが、牛肉(もも)とたまねぎ、人参とインゲンの煮物。ジャガイモ抜きの肉じゃがといった方が良いのか、ご飯にかければ牛丼というところ。

これをカレーと一緒にご飯によそって、夕ご飯はコンビネーションとなりました。

 

ブログって海外のネットフレンドも写真だけでも楽しんでくれているようだけど、空模様の写真や熊本市内の情景には良い反応が返ってくるけれども、食べ物の写真は芳しくない。クリームシチュー煮ている時のは、魚を煮ているのかとたずねられたし、食べたいとも思わないとコメントがあったのは前回のカレーだったか魚料理ではなかったかな。ご飯と一緒に撮した日本の家庭料理は写真からの印象は良くないのかも知れませんね。

Posted via web from littleconcert

Come Rain or Come Shine

Dinah Jams Featuring Dinah Washington  (EmArcy MG 36000)

Clifford Brown
Mercury 1954年8月14日録音

  • Clark Terry (tp) 
  • Clifford Brown (tp) 
  • Dinah Washington (vo) 
  • George Morrow (b) 
  • Harold Land (ts) 
  • Herb Geller (as) 
  • Junior Mance (p) 
  • Keter Betts (b) 
  • Max Roach (ds) 
  • Maynard Ferguson (tp) 
  • Richie Powell (p) 

パーソナルは入れ替わり立ち替わりのジャム・セッションで、当日演奏された12曲が録音として残っています。LPでは8曲がこのアルバムとして、2曲がジャム・セッション集に収録( Various Artists - Jam Session (EmArcy MG 36002) )されていました。完全に12曲を聴く事が出来るようになったのは日本盤( EmArcy (J) 195J 2 )が最初です。全曲収録したCD( Universal (J) UCCM 9031 )もリリースされたことがあります。

 

  1. Lover Come Back To Me (09:54) 
  2. Alone Together (02:25) 
  3. Summertime (02:26) 
  4. Come Rain Or Come Shine (02:28) 
  5. No More (03:22) 
  6. I've Got You Under My Skin (05:26) 
  7. There Is No Greater Love (02:15) 
  8. You Go To My Head 

 

Posted via web from Another Sky

Sarabande