2010年4月28日水曜日

ヴェルディ作曲 歌劇「運命の力」最新対訳シリーズ 第一幕第一場と第二場前半を聴く #LaForzadelDestino

2010年4月28日水曜日 0
父カラトラーヴァ侯爵は娘のレオノーラにおやすみの挨拶をする時、求婚者のインカ帝国王子ドン・アルヴァーロについては反対だと娘に言い渡す。侯爵が出て行くと侍女がレオノーラとアルヴァーロとの駆け落ちの手はずを進める。さすがのレオノーラにも迷いがあった。・・・ここまでが歌劇《運命の力》第1幕第1場と第2場の概略。



ATTO PRIMO
SCENA I
Siviglia. Una sala tappezzata di damasco con ritratti di famiglia ed arme gentilzie, addobbata nello stile del secolo XVIII, però in cattivo stato. Di fronte, due finestre; quella a sinistra chiusa, l'altra a destra aperta e praticabile, dalla quale si vede un cielo purissimo, illuminato dalla luna, e cime d'alberi. Tra le finestre è un grande armadio chiuso, contenente vesti, biancherie, ecc. Ognuna delle pareti laterali ha due porte. La prima a destra dello spettatore è la comune; la seconda mette alla stanza di Curra. A sinistra in fondo è l'appartamento del Marchese, più presso al proscenio quello di Leonora. A mezza scena, alquanto a sinistra, è un tavolino coperto da tappeto di damasco, e sopra il medesimo una chitarra, vasi di fiori, due candelabri d'argento accesi con paralumi, sola luce che schiarirà la sala. Un seggiolone presso il tavolino; un mobile con sopra un oriuolo fra le due porte a destra; altro mobile sopra il quale è il ritratto tutta figura, del Marchese appoggiato alla parete sinistra. La sala sarà parapettata.
Il Marchese di Calatrava, con lume in mano, sta congendandosi da Donna Leonora preoccupata. Curra viene dalla sinistra.
第1幕・第1場。セヴィリア近くにあるカラトラーヴァ侯爵の居城。(…城の内装説明は省略…)夜。カラトラーヴァ侯爵は、娘(レオノーラ)に就寝のあいさつをしようとしている。レオノーラは物思わしげな様子。侍女クーラが部屋に入ってくる。

MARCHESE 侯爵
(abbracciandola con affetto)
Buona notte, mia figlia. Addio, diletta . . . 
おやすみ、わが娘…さようなら、愛しい者よ。
Aperto ancora è quel veron. 
あの窓がまだ開いているぞ!…
(Va a chiuderlo) 
(窓を閉めに行く)

LEONORA レオノーラ
(fra sé)
Oh, angoscia! 
(ああ!この苦しみ!)

MARCHESE 侯爵
Nulla dice il tuo amor? 
おまえは愛する父に何も言葉をかけてくれんのかね?…
Perché sì triste? 
なぜそんなに悲しそうにしているのだ?

LEONORA レオノーラ
Padre . . . signor . . . 
お父さま…主よ…

MARCHESE 侯爵
La pura aura de' campi 
この田園の澄んだ空気が、
pace al tuo cor donava. 
おまえの心に安らぎを与えた…
Fuggisti lo straniero di te indegno. 
おまえは、おまえにふさわしくないあの外国人から逃げ切ったのだ…
A me lascia la cura dell'avvenir; 
将来のことは、わしにまかせなさい。
nel padre tuo confida che t'ama tanto. 
父を信じるのだ、おまえをこんなにも愛している父を。

LEONORA レオノーラ
Ah, padre! 
ああ、お父様!…

MARCHESE 侯爵
Ebben, che t'ange? Non pianger. 
それにしても、何を悩んでいるのだ?…泣くでない。

LEONORA レオノーラ
(fra sé)
Oh, rimorso! 
(おお、この胸の痛み!)

MARCHESE 侯爵
Ti lascio. 
わしは行くぞ。

LEONORA レオノーラ
(gettandosi con effusione tra le braccia del padre) 
(こらえきれずに父の腕に身を投げながら)
Ah, padre mio! 
ああ、私のお父さま!…

MARCHESE 侯爵
Ti benedica il cielo. 
おまえに天の祝福があるように…
Addio. 
さようなら。

LEONORA レオノーラ(父と声を合わせて)
Addio. 
さようなら。
(Il Marchese bacia Leonora e va nelle sue stanze.) 
(侯爵はランプを手に、自分の部屋へと去っていく)



SCENA II
Curra segue il Marchese, chiude la porta ond'è uscito, e riviene a Leonora abbandonatasi sul seggiolone piangente
第1幕・第2場。クーラは侯爵のあとについて、彼が出て行った扉を閉め、レオノーラのところへ戻る。レオノーラは、椅子に身を投げかけて涙にくれている。

CURRA クーラ
Temea restasse qui fino a domani. 
(旦那様が)明日までここに居残られたら、と心配でしたわ。
Si riapre il veron. 
この窓はもう一度あけて…
Tutto s'appronti, e andiamo. 
…準備はできましたわ。ではまいりましょう。
(Toglie dall'armadio un sacco da notte in cui ripone biancherie e vesti.) 
(クーラはクローゼットの中から旅行鞄を出し、下着や衣服を詰めていく)

LEONORA レオノーラ
E si amoroso padre, 
…だって、あんなに愛してくださるお父様が、
avverso fia tanto ai voti miei? 
私の願いに大反対するなどということがありえるかしら?
No, no, decidermi non so. 
いいえ、だめ、決心がつかないわ。

CURRA クーラ(荷造りを続けながら)
Che dite? 
なんとおっしゃいました?

LEONORA
Quegli accenti nel cor,
come pugnali scendevanmi. Se ancor restava,
appreso il ver gli avrei . . .

CURRA
smettendo il lavoro
Domani allor nel sangue suo saria Don Alvaro, od a
Siviglia prigioniero, e forse al patibol poi!

LEONORA
Taci.

CURRA
E tutto questo perché ei volle amar chi non l'amava.

LEONORA
Io non amarlo?
Tu ben sai s'io l'ami . . .
Patria, famiglia, padre per lui non abbandono?
Ahi, troppo, troppo sventurata sono!
(第1幕第2場、レオノーラのアリア(?、一応アリアの形式にはなっているので問題無いとは思うのですが、歌劇《運命の力》はセリフの総てにメロディーがあって、番号アリアとは言いにくいし区切りはあるものの全体が1つの音楽のようにも思えます)“私はさまようみなしごですMe pellegrina ed orfana”への導入まで)
Buona Notte, Mia Figlia by Verdi, Giuseppe
Download now or listen on posterous
verdi_la_forza_02_buona_notte_m.mp3 (1902 KB)
ヴェルディ運命の力

お・は・よ・❀小手毬



小手毬


2010年4月27日火曜日、熊本の出来事

ヴェルディ作曲 歌劇「運命の力」最新対訳シリーズ連動 序曲を聴く #LaForzadelDestino

ヴェルディは、39歳の時。所属していた歌劇場で上演する歌劇を頼まれて書いたのが大当たり、一晩でオペラ作曲家のスターになります。その歌劇場というのが有名なミラノ・スカラ座歌劇場。そして作品は《ナブッコ》。歌劇のクライマックスで合唱でうたわれる《金色の翼に乗って》は大ブーム。今ではサッカーのテーマ曲になっています。
歌劇《運命の力》は、ヴェルディの22番目の歌劇で49歳の時の作品。1887年に歌劇《オテロ》を作曲していったん表舞台を去るのですけど、50年間に25本のオペラを完成、いずれもが大ヒットしたとは本当に凄い。その裏に多くの女性の存在があったというのは、女として嬉しい思いがします。

ヴェルディ作曲 歌劇《運命の力》序曲 1957年ライヴ録音。

Sinfonia by Verdi, Giuseppe  
Download now or listen on posterous
verdi-laforzadeldestino1957.mp3 (7461 KB)

verdila forza del destino

Posted via email from littleconcert's posterous

お・は・よ・❀


2010年4月26日月曜日、熊本の出来事

ヴェルディ作曲 歌劇「運命の力」最新対訳シリーズ 第一幕第二場前半 #LaForzadelDestino

ドン・アルヴァーロ、または運命の力・・・と言うのが、原作の題名。時代は18世紀中期、場所はスペインのセヴィリャで幕が開きます。第3幕でイタリアの戦場、ヴェッレトリに移るのですけれどもメルヘンオペラではともかくも、幕毎に国を移動していたりするのはヴェルディのオペラの特長ではないかしら。

第一幕は上演ではわずかに20分ほど。序幕と言ってもいい感じです。第一場では、なんだか心ここにあらずのレオノーラ。父親の侯爵が娘の部屋のバルコニーの窓が開いているのに気がついて慌てて締めにかかります。風邪をひかないように?いえいえそうではありません。不用心だというのです。

そう、レオノーラの部屋の窓を見上げている男がいるのです。その人物がアルヴァーロ。インカ帝国の血をひく人物なのです。そう、「運命の力」は16世紀から18世紀までに及ぶ歴史的背景を頭に入れておくと興味深く楽しめることでしょう。長いこと反映を誇ったアステカ王国はスペイン人のわずかな人数で滅んでしまいますね。この滅ぼされた帝国の血をひく青年がレオノーラと相思相愛になっていたばかりに、運命の女神の使い魔としてコントロールされてしまうという悲劇なのです。なんと壮大なバックヤードなのでしょう。

舞台効果の著しい『アイーダ』は一種アトラクション的な作品。博覧会のようなシチュエーションで上演されるためのものだったので当然ですけど、上演機会の少ない『運命の力』は上演を成功させる意味合いはとても大きいと思います。オペラのストーリーの後ろにあるどろどろとしたカオスを何処まで感じさせることが出来るか、そこがポイントでしょう。

ATTO PRIMO

SCENA II

Curra segue il Marchese, chiude la porta ond'è uscito, e riviene a Leonora abbandonatasi sul seggiolone piangente


第1幕・第2場。クーラは侯爵のあとについて、彼が出て行った扉を閉め、レオノーラのところへ戻る。レオノーラは、椅子に身を投げかけて涙にくれている。 #LaForzadelDestino

posted at 00:42:08

CURRA
Temea restasse qui fino a domani.
Si riapre il veron.
Tutto s'appronti, e andiamo.

Toglie dall'armadio un sacco da notte in cui ripone biancherie e vesti.

クーラ「(旦那様が)明日までここに居残られたら、と心配でしたわ。」 #LaForzadelDestino

posted at 00:47:07

クーラ「この窓はもう一度あけて…」(その通りにする)「…準備はできましたわ。ではまいりましょう。」(クーラはクローゼットの中から旅行鞄を出し、下着や衣服を詰めていく#LaForzadelDestino

posted at 00:58:26

LEONORA
E si amoroso padre,
avverso fia tanto ai voti miei?
No, no, decidermi non so.

レオノーラ「…だって、あんなに愛してくださるお父様が、私の願いに大反対するなどということがありえるかしら? いいえ、だめ、決心がつかないわ。」 #LaForzadelDestino

posted at 01:04:23

CURRA
Che dite?

クーラ(荷造りを続けながら)「なんとおっしゃいました?」 #LaForzadelDestino

posted at 01:09:49

Posted via email from littleconcert's posterous

プレビューリボンが... 前から表示されていたかしら。

何年か前にもこんなことはあったけれども、もうゴールデンウィークが近いのに朝方になると少し肌寒い。この前、レコードコンサートを行った時はあまりの暖かさで鼻水が出た。それほど寒暖差がある。
ストーブを短くつけては消して、つけてをしています。

さて、前の《運命の力》の記事。三浦真弓さんの翻訳を見やすくしようとCSSで装飾しました。三浦さんのツイートを twilog で #LaForzadelDestino のタグがついているものだけを抽出して貼り付けただけです。貼り付けたものにタグでクラスが設定してありましたので、せっかくだから活用させてもらいます。文字位置、文字の色、サイズを調整しました。
そしてCSSを試していて新発見。気がついていなかっただけなのでしょうか、プレビュー画面の左肩に『プレビュー』というリボンが表示されています。これまではURLで判断していたのですけど視認性が良くなりました。歓迎です。最近、ログインに手間取ったりしたことがあったり更新されていなかったりしたのは、使用の修正が行われているのでしょうね。

Posted via email from littleconcert's posterous

ヴェルディ作曲 歌劇《運命の力》最新対訳シリーズ 第一幕第一場 #LaForzadelDestino

三浦真弓さん( @mayumiura )とのコラボ企画。わたしの方ではいくつかの上演、録音盤をあわせて考えていこうと思っています。昨日から三浦さんの各幕、各場単位での「台本翻訳ツイート」がスタート。わたしの方ではまずはその翻訳の原文を並べることから始めていくことにします。
ブログでは以降改訂を繰り返すことになります。最終的には1つ独立したサイトをつくることにしています。

今日から、ヴェルディのオペラ《運命の力》の台本翻訳ツイートをやります。 #LaForzadelDestino

posted at 22:05:53

それではぼちぼち。オペラの台本なので、「ト書き」と「歌詞(歌う言葉)」から成り立ってます。「台詞(話す言葉)」のあるオペラもありますが、《運命の力》は悲鳴と間投詞以外はすべてメロディつきの「歌詞」です。 #LaForzadelDestino

※間投詞とは喜怒哀楽の感情を表す言葉  posted at 22:44:00

LA FORZA DEL DESTINO
Melodramma in quattro atti

Libretto
Francesco Maria Piave
dal dramma Don Alvaro o La fuerza del sino di Angel Perez de Saavedra

Prima rappresentazione
10 novembre 1862, Pietroburgo (Teatro Imperiale)

Personaggi
IL MARCHESE DI CALATRAVA (Basso)
DONNA LEONORA, figlia del Marchese (Soprano)
DON CARLO DI VARGAS, figlio del Marchese (Baritono)
DON ALVARO (Tenore)
PREZIOSILLA, giovane zingara (Mezzosoprano)
IlL PADRE GUARDIANO (Basso)
FRA MELITONE (Baritono)
CURRA, cameriera di Leonora (Mezzosoprano)
UN ALCADE (Basso)
MASTRO TRABUCO, mulattiere, poi rivendugliolo (Tenore)
UN CHIRURGO, militare spagnolo (Tenore)

CORO
mulattieri, paesani e paesane spagnoli e italiani, soldati spagnoli e italiani,
frati francescani, questuanti

BALLETTO
paesani e paesane, vivandiere, spagnole e italiane, soldati spagnoli e italiani

Luogo
Spagna e Italia.

Epoca
Verso la metà del XVIII secolo.


ATTO PRIMO 第一幕

SCENA I 第一場

Siviglia. Una sala tappezzata di damasco con ritratti di famiglia ed arme gentilzie, addobbata nello stile del secolo XVIII, però in cattivo stato. Di fronte, due finestre; quella a sinistra chiusa, l'altra a destra aperta e praticabile, dalla quale si vede un cielo purissimo, illuminato dalla luna, e cime d'alberi. Tra le finestre è un grande armadio chiuso, contenente vesti, biancherie, ecc. Ognuna delle pareti laterali ha due porte. La prima a destra dello spettatore è la comune; la seconda mette alla stanza di Curra. A sinistra in fondo è l'appartamento del Marchese, più presso al proscenio quello di Leonora. A mezza scena, alquanto a sinistra, è un tavolino coperto da tappeto di damasco, e sopra il medesimo una chitarra, vasi di fiori, due candelabri d'argento accesi con paralumi, sola luce che schiarirà la sala. Un seggiolone presso il tavolino; un mobile con sopra un oriuolo fra le due porte a destra; altro mobile sopra il quale è il ritratto tutta figura, del Marchese appoggiato alla parete sinistra. La sala sarà parapettata.
Il Marchese di Calatrava, con lume in mano, sta congendandosi da Donna Leonora preoccupata. Curra viene dalla sinistra.

第1幕・第1場。セヴィリア近くにあるカラトラーヴァ侯爵の居城。(…城の内装説明は省略…)夜。カラトラーヴァ侯爵は、娘(レオノーラ)に就寝のあいさつをしようとしている。レオノーラは物思わしげな様子。侍女クーラが部屋に入ってくる。 #LaForzadelDestino

posted at 00:07:53

MARCHESE
abbracciandola con affetto
Buona notte, mia figlia. Addio, diletta . . .


Aperto ancora è quel veron.
Va a chiuderlo

侯爵「おやすみ、わが娘…さようなら、愛しい者よ。」 #LaForzadelDestino

posted at 00:11:00

侯爵「あの窓がまだ開いているぞ!…」(窓を閉めに行く#LaForzadelDestino

posted at 00:12:49

LEONORA
fra sé
Oh, angoscia!

レオノーラ「(ああ!この苦しみ!)」 #LaForzadelDestino

posted at 00:13:54

MARCHESE
Nulla dice il tuo amor?
Perché sì triste?

侯爵「おまえは愛する父に何も言葉をかけてくれんのかね?…なぜそんなに悲しそうにしているのだ?」 #LaForzadelDestino

posted at 00:16:11

LEONORA
Padre . . . signor . . .

レオノーラ「お父さま…主よ…」 #LaForzadelDestino

posted at 00:17:09

MARCHESE
La pura aura de' campi
pace al tuo cor donava.

Fuggisti lo straniero di te indegno.
A me lascia la cura dell'avvenir;
nel padre tuo confida che t'ama tanto.

侯爵「この田園の澄んだ空気が、おまえの心に安らぎを与えた…おまえは、おまえにふさわしくないあの外国人から逃げ切ったのだ…」 #LaForzadelDestino

posted at 00:21:22

侯爵「将来のことは、わしにまかせなさい。父を信じるのだ、おまえをこんなにも愛している父を。」 #LaForzadelDestino

posted at 00:25:46

LEONORA
Ah, padre!

レオノーラ「ああ、お父様!…」 #LaForzadelDestino

posted at 00:26:15

MARCHESE
Ebben, che t'ange? Non pianger.

侯爵「それにしても、何を悩んでいるのだ?…泣くでない。」 #LaForzadelDestino

posted at 00:32:22

LEONORA
fra sé
Oh, rimorso!

レオノーラ「(おお、この胸の痛み!)」 #LaForzadelDestino

posted at 00:35:10

MARCHESE
Ti lascio.

侯爵「わしは行くぞ。」 #LaForzadelDestino

posted at 00:35:41

LEONORA
gettandosi con effusione tra le braccia del padre
Ah, padre mio!

レオノーラ(こらえきれずに父の腕に身を投げながら)「ああ、私のお父さま!…」 #LaForzadelDestino

posted at 00:36:41

MARCHESE
Ti benedica il cielo.
Addio.

侯爵「おまえに天の祝福があるように…さようなら。」 #LaForzadelDestino

posted at 00:37:27

LEONORA
Addio.


Il Marchese bacia Leonora e va nelle sue stanze.


レオノーラ(父と声を合わせて)「さようなら。」(侯爵はランプを手に、自分の部屋へと去っていく#LaForzadelDestino

posted at 00:38:05


第1幕・第1場、おわり。ここまででヴォーカルスコア3ページ分。このオペラ全幕は、350ページあります。ま、9月までにはツイートし終わるでしょう。 #LaForzadelDestino

posted at 00:40:33

Posted via email from littleconcert's posterous