2010年3月22日月曜日

春分の黄昏

2010年3月22日月曜日 0
嵐で荒れた週末。道ばたにはまだその名残が残っているところもちらほらと見られます。
今、熊本には黄砂が飛来していて。それに重ねて花粉も待っていたので、雨が降ったのは良かったのか、悪かったのか。
幸いわたしの体調は悪くありません。
昨日の夕陽を撮るのが春分の黄昏だけど、取り損ねたので今日撮りました。
左側電信柱の上をよく見て下さい。面白い写真が撮れました。

Posted via email from littleconcert's posterous

今朝の音楽 バロックの森 いよいよ「マタイ受難曲」を聴く時期が来ました。

イエスは多くの人のために命を与えました。
そうする必要があったのは何故ですか、
どうすればあなたも益を受けられますか・・・

12月から聴くことを禁じられていた「マタイ受難曲」が開放されます。逆に、この受難説は祝い事の歌は自粛しなくてはいけません。
キリストの受難とお彼岸の頃が同じなのは偶然なのでしょうか?
いえいえこれは、異教徒が春分を節目ととらえてきたからに過ぎません。そしていつも同じように聴いたり歌ったりではなくて、哀しい歌を聞いたりしてもいけない期間や、馬鹿騒ぎな歌を自粛する期間が一年間の中にあってこそそれぞれの素晴らしいところが聞こえてくるのではないかしら。
今週のバロックの森、火曜日からは「マタイ受難曲」の初期稿の全体を聴かせていただけると言うことです。

2010.3.22(月) ご案内:加藤拓未


月曜日は、はじめに、2008年に発見が報じられたバッハのコラール幻想曲「主なる神が我らを守りたまわずば」BWV.1128をお送りしましょう。この作品は楽譜が失われ、最初の5小節半だけが記録で残っていましたが、曲全体の様子はわかりませんでした。この幻の作品の楽譜が、19世紀にライプチヒの聖トーマス教会カントルをつとめウィルヘルム・ルストの遺産のなかから偶然に見つかったのです。興味深い作品です。次に、アントニオ・ヴィヴァルディの「バイオリンとオルガンのための協奏曲」RV.542をお送りします。ヴィヴァルディは、ベネチアのピエタ養育院の音楽教師をつとめました。彼の協奏曲の多くは、養育院で育ち、成人となったあとも養育院に残って音楽を演奏した教え子たちのために作曲されたものです。きっと素晴らしい熟練した技巧でもって、ヴィヴァルディの協奏曲は演奏されたことでしょう。そして、月曜日のおしまいに、バッハのカンタータ第182番「天の君よ、お迎えします」をお送りします。バッハは、1708年からドイツ中部のワイマール宮廷で音楽家として働いていました。1714年に宮廷楽団の楽師長に昇進すると、バッハは月に1曲のペースでカンタータを作曲するようになります。お聴きいただくのは、バッハが昇進後、最初に作曲したといわれる作品です。

コラール幻想曲「主なる神が我らを守りたまわずば」BWV.1128
バッハ作曲
オルガン:ゲルハルト・ワインベルガー
(6:21)
<CPO 777 403-2>

協奏曲 ヘ長調 RV.542
ヴィヴァルディ作曲
バイオリン:マンフレート・クレーマー
オルガン:マルチェロ・ブッシ
合奏:ムジカ・アド・レーヌム
(13:07)
<Brilliant Classics 93169/4>

カンタータ第182番「天の君よ、お迎えします」BWV.182
バッハ作曲
ソプラノ:キャサリン・フーグ
アルト(カウンター・テノール):カルロス・メーナ
テノール:ハンス・イェルク・マメル
バス:シュテファン・マクラウド
合奏:リチェルカーレ・コンソート
指揮:フィリップ・ピエルロ
(27:47)
<Mirare MIR 057>

ホセ・クーラ主演で、ヴェリズモ・オペラ2大傑作「カヴァレリア・ルスティカーナ」と「道化師」を放送中、月末にはDVDも発売されます。

神話や荒唐無稽なファンタジーが多いオペラの中で、ヴェリズモ・オペラの確立は「どうせ人ごとだからと」、あるいは「人の振り見て、我が振り直せ」という言葉があるように人々の生活の一面を支えています。
確かに、「ピーターパンの冒険」や「シンデレラ姫」のような物語は必要です。そしてそういう流れの中にも「千夜一夜物語」といったエロスも必要です。
ヴェリズモ・オペラというものは昔や、未来やどこかの世界の話しではなくて、作曲、上演されたその時代のまさに新聞のゴシップ沙汰としてあったようなお話しを題材としています。

内容も濃厚であるためでしょうか、3大ヴェリズモ・オペラと言われている中でも「カヴァレリア・ルスティカーナ」、「道化師」はそれぞれ1時間少々の一幕の歌劇です。
お話しは唐突に始まって、最後に希望が無く主人公があっさりと死んでしまう真っ黒な悲劇ですけれどもバレエ有り、合唱有り。もちろんアリアと二重唱は秀逸。LPレコードが市販されるようになった頃から、1枚に収まることから様々な録音が残されて居ます。きっと、救いのない終わり方に一種のストレス解消が出来ているから今でも数々の上演があるのでしょう。
昨今は、英雄がスーパーマンの装いをしていたり、女神がUFOのようなものから現れたりと荒唐無稽やパロディのような演出が多い中でも面白いことに「カヴァレリア・ルスティカーナ」や、「道化師」の演出にはそういったところがあまり無いのが裏付けているのではなあいかしら。

2010年3月22日、月曜日午前1時10分から、ホセ・クーラ主演で2つのオペラがNHK Bs-hiで放送されています。NHK BS-2で放送されていました。(のり2さんのコメントで勘違いして観ていたことに気がつきました。のり2さん、ありがとうございます。)
ストレートに凄みのある声のホセ・クーラのテノールは素晴らしいものです。が、柔らかみや粋な上品さが無いので朗らかなパヴァロッティほどには日本の音楽愛好家の間では親しみにくいと言う印象のテノールです。
わたしもけして好んでよく聴くテノールではないけれども、今日の放送を観ていて熟成が進めば、声が衰えない限り、もしかしたらマリオ・デル・モナコのような評価を未来では得られるんじゃないかと思いました。

3月29日にDVDとなって、ARTHAUS MUSIK から発売になります。パッケージの写真はとても怖いものなので、店頭で手にとってどのくらいの方が購入されるのか分からない。でも、内容を一番しっかりと表現できていると思います。オペラを斜視しているリスナーからは指示されると思ってもいます。
振り付けが日本人だと言うことも、話題となっていた上演です。
それぞれが1時間ほどですから、日にちを開けてみるというのも良いと思います。

チューリヒ歌劇場公演
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」   ( マスカーニ )
歌劇「道化師」    ( レオンカヴァルロ )

中規模ながら毎回高品質の舞台を制作するスイス・チューリヒ歌劇場の公演で ヴェリズモ・オペラの傑作2題、「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」を国際共同制作で放送する。
市井の人々をリアリティあふれる音楽で描く「ヴェリズモ(現実主義)・オペラ」。 文学におけるヴェリズモ運動の影響のもとイタリアで興ったヴェリズモ・オペラには 「アンドレア・シェニエ(ジョルダーノ)」「外套(プッチーニ)」といった名作があるが、 最大の傑作は「カヴァレリア・ルスティカーナ(マスカーニ)」 そして「道化師(レオンカヴァルロ)」の2題。 嫉妬、殺人といったリアルなテーマを直情的な音楽で描いたこの2作品は、 それぞれが1幕・演奏時間1時間であることから一晩で演奏されるのが慣例になっている。
それぞれの主人公、トリッドゥとカニオは、ともにテノールのホセ・クーラが演じる。 クーラは1962年アルゼンチン生まれで、その世代を代表する歌手として世界的に活躍しているが、 一夜の上演で両方の主役を歌うのは珍しく、貴重な機会となった。


--------------------------------------------------

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」   ( マスカーニ )

サントゥッツァ : パオレッタ・マッローク
ルチーア : コルネリア・カリッシュ
ローラ : リリアーナ・ニキテアヌ
トゥリッド : ホセ・クーラ
アルフィオ : チェイン・デヴィッドソン ほ か


歌劇「道化師」      ( レオンカヴァルロ )

ネッダ : フィオレンツァ・チェドリンス
カニオ : ホセ・クーラ
トニオ : カルロ・グエルフィ
ペッペ : ボイコ・ツヴェタノフ
シルヴィオ : ガブリエル・ベルムデス ほ か

合 唱 : チューリヒ歌劇場合唱団
管弦楽 : チューリヒ歌劇場管弦楽団
指 揮 : ステファノ・ランツァーニ
振 付 : 田尾下 哲
演 出 : グリシャ・アサガロフ

[ 収録: 2009年6月19日,21日,, チューリヒ歌劇場 ]

- 国際共同制作: チューリヒ歌劇場 / SWR / CLASART / NHK -

皆さん、月曜日です。一週間のはじまり、学校に御仕事に頑張って下さい。

現在、こばとのコラム「愛され組曲」が締め切りを過ぎているというのに、間に合うか必死で書いています。
アメーバピグで遊び回りすぎました。
一週間遊べば飽きてくるでしょうから、時間を下さい。
ブログ等へのコメントだけは返事を書くようにしています。

火曜日頃までは、宮崎から熊本に来ている青年のフォローを出来るだけしてあげたいと思っています。

Posted via email from littleconcert's posterous

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket