2010年2月7日日曜日

Troy(2004)

2010年2月7日日曜日 0


2枚ひと組のポスター。これはドイツ版のようだけれども、英語版もデザインは同じ。
今は映画のポスターと言ったら、シアターではじめてみることも少なくない。
わたしが小さい頃には、まだ映画のポスターを学校の行き帰りに良く目にしていました。
その中にはポルノ上映館のものもあったから、実際に劇場で観ることはなくてもどういう映画があるのかを知る機会になっていました。
しかし、トロイはたくさんの種類のポスターが制作されていますね。どれだけ制作費もかけられたのでしょう。
原作がホメロスとなっていましたから、原作者へのお礼の替わりでたくさんのポスターが作ることができたのかしら。

James Horner - Troy 2004




全ては神々の思し召しのままに。


愛も戦いも、行方を定めるのは一人一人の想い、努力するものです。

でもね、巡り逢いは神々のはかりごとなのよ。
どう勝ち抜いていくかは、それまでに身に着けたことが生きてくるの。

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング

Love Is a Many Splendored Thing - 慕情



img0ba8283ezik8zj.jpeg

慕情は大人の女性には・・・、いえ、すべての方に観て欲しいって思う映画です。
と母のリクエスト

ある年代以上の、女性に限らずに心に深く思い出深い映画のようです。
ローマの休日などは良くテレビで放映されて、話題になっていますけれども「慕情」はしっかりと観た記憶が薄いです。
部分的に観ることはあって、後味がとてもロマンティックだった記憶があります。

わたしはアスカ

人は補完しあって生きている


人は一人では生きていけない。


だから


ひとつに


身体を重ねたい

Taylor Swift - Come In With The Rain http://twic.li/ecq ♫



I could go back to every laugh
But I don't want to go there anymore and I
know all the steps up to your door
But I don't want to go there anymore
Talk to the wind, talk to the sky
Talk to the man with the reasons why
And let me know what you find

I'll leave my window open
Cause I'm too tired tonight
to call your name
Just know I'm right here hoping
You'll come in with the rain

I could stand up and sing you a song
But I don't want to have to go that far and I
I've got you down, I know you by heart
And you don't even know where I start
Talk to yourself, talk to the tears
Talk to the man who put you here
Don't wait for the sky to clear

CHORUS

I've watched you so long
screamed your name
I don't know what else
I can say

But I'll leave my window open
Cause I'm too tired tonight
for all these games
Just know I'm right here hoping
You'll come in with the rain

I could go back to every laugh
But I don't want to go there
anymore..

赤カエデ|よしおくんのくつろぎのお部屋

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket