2010年1月4日月曜日

家族を大切にしない男は、男じゃない

2010年1月4日月曜日 0
タイトルは、映画の初めの方で、男の子どもたちを全員集めてマーロン・ブランド演じるドン・ヴィトー・コルレオーネが言う言葉です。


NHK Bs-hi で午後11時から、ゴッドファーザーがオンエア。
民放はまだまだお正月の特別番組があっていました。子どもや奥さまがアイドルに夢中になっている姿を眺めることも、男親には楽しいことだと思います。
テレビを占拠されていて、ゴッドファーザーを見ることが出来なくて家族団らんの場を離れることはとても残念なこと。お正月の団らんは1日でも長く、こどもたちの心に増やしてあげましょう。子どもたちが大人になって、心に空っ風を憶えないように。
家の為、殺し殺されの殺伐とした中ファミリーの強い結びつきを教えてくれるのが『ゴッドファーザー』。
きれい事では世の中は渡れません。大人の為のファミリー映画の最高峰だとわたしは感じています。
甘えたことを言う人ほどに口やかましく、理論の壁を作ろうとします。そういうものはどこかに芯の抜けているところがあります。
オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング

戦士の休息

ワルハラに勇者が運ばれていく場面でしょうか?
わたしにはセーター服の女子高生が、戦いに疲れて優しく抱かれているように見えました。
いつもは気丈な少女の中に大人しくしている、母性が具現化して自分自身を見つめているような、そのような落ち着きを感じます。足下に散らかっている人形たち。ままごとのようなミニチュアたち。一本のろうそくが立っているのはケーキでしょうか。
わたしもこっそりとバースデーケーキを買って、1人誕生を祝福したことがあります。

Posted via web from amadeusrecord's note

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket