2010年5月22日土曜日

サティはショパンのアンチテーゼ。ショパンの音を部屋の裏側で聴き込んでショパンの宇宙を押し広げた。

2010年5月22日土曜日
初夏の夕焼け

金曜日の午後6時から、「相棒シーズンⅥスペシャル 黙示録」が放送されていました。後半になって観ていた話しだと分かったので、再放送だったみたい。BS朝日で放送されてから、地上波で放送。そしてまたBS朝日でと時系列が全く分からなくなりそう。でもクラシック音楽が使われているから、再放送の時には事件を解くことを放棄して音楽のつけられ方を楽しんでいます。『相棒』では毎回クラシック音楽が効果的に使われていますね。
最初のシーズンの頃は、右京さんが『第九』を聴いているぐらいまでは注目してなかったのですけど、『冬の旅』で彩ったエピソードの頃から気になり始めて『相棒』シリーズが好きになったのは、そのあたりからでした。音楽家や、音楽学校が事件の現場だったりするのも興味のあるところです。
「相棒シーズンⅥスペシャル 黙示録」では教会内のシーンで、サティのジムノペディが使用されていました。それも荘厳さを感じさせるとてもゆっくりとした演奏でした。音の間、間に神への言葉をつぶやけるようでした。聴く人によっては間の抜けた演奏だと思うかも知れないけど、音符を書かなかったことで「1音1音の間にどのような和音や装飾音を、聞き手が自由に作曲しちゃえば良いんだよ」とサティからのメッセージなのだろうか。と気づかせてくれる機会になりました。

Posted via email from littleconcert

0 コメント:

 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket