2009年12月23日水曜日

面白い〜♪ Twitter経由で年賀状

2009年12月23日水曜日 0
12月23日は天皇誕生日。お休みの方も多いでしょう。クリスマスのプレゼントを探しに街に出かける方もいるでしょうけれども、週の半ばの祝日で宙ぶらりんな感じに思えるといった言葉もTwitterで散見しました。そんな半端な時間でも、年賀状が準備できます。Twitterのユーザーには、リプレックスがはじめたサービス「ウェブポ( https://webpo.jp/ )」は何かと気楽に出来そうです。

「年賀状は12月25日(金)までにお出し下さい。」と郵便局からの案内が入っていたのは、先月のこと。年賀状はまだまだのことかなとクリスマスカードを考えていたんですけど、12月の初めに母の三回忌も済ませて少し気持ちにゆとりでも持とうかとクリスマスカードを考えていましたけれども、20日の日曜日のレコードコンサートのレジメを考えたり、21日から連載が始まったコラムでぎりぎりになってしまいました。グリーティングカードをネットで送るサービスは、昨年YOUTUBEでもしました。然し、やり方は簡単だったのですけど観ることが出来なかったという返事が返ってきたりと、GmailとかYOUTUBEの登録者ではないと受けられないことがあるのかも知れません。
スヌーピーのクリスマスカードのサービスもありましたけれども、ネットで親しい相手全員のメールを確認するのもなんだか気の毒。

そんな中でTwitterフレンドのかえでさんから届いたのが、次のようなメッセージ。

年賀状をお送りしたいので、次のURLをクリックして受取処理を行ってください!

それで知ったのが、「ウェブポ」という年賀状を発送代行してくれるサービスです。初めはメールで画像データを送信するような物かしらと思いました。ところが、実際に年賀状に印刷して発送もしてくれるというものです。
年賀状のデザインは500ほどはあるのではないかしら。日にちも迫っていたので全ては確認しませんでしたけれども、印刷する文章も自由。決められた文章から選んだりするものでもなく、印刷された年賀はがきに一人一人に短い文章を加えて出すように、送る相手それぞれに内容の追加も変更も可能です。
代わりに発送してくれるからと言っても、送る相手全員が同じ文章だったら利用することはなかったでしょう。
わたしは絵柄がシンプルで、文章をきちんと書けるデザインを選びました。

はがきの文面を印刷して貰うにはまとまった枚数が必要ですけど、「ウェブポ」は一枚からでも大丈夫。宛先印刷もして貰えるので、自宅のプリンターでのはがき印刷のテスト刷りをしたり、文字の調整もしなくて済みます。届ける相手の住所も分からないネット上でのつきあいですので、これ以上に嬉しいことはないでしょう。発送もしてくれるのは便利です。
メールに添付された挨拶状よりも、実際に元旦に年賀状で届けられ、送られてくることでない更に喜ばしく有り難い気持ちになれることでしょう。

下世話なことですけど、クレジット決済ですが。喪中などで相手が受け取れないものは、受け取る案内を受けた方の選択自由。その方への発送はされないので料金が軽減できます。無駄な印刷もしなくて済みます。
元旦にきちんと届けられるのは12月21日までに、準備が整っているものですのでわたしの場合多くが1日以降に年賀状が届けられることになります。配達日は遅れることになりますけれども、サービスの利用はまだ期限までは日にちがありますから試してみられてはいかがでしょう。
Twitterのユーザー名で簡単に準備が進められます。受け取り先住所も都合のいいように出来ますので、わたしにはとても助かります。

オフィシャルブログは、クラシック音楽を楽しむアマデウスレコードです。
「組曲第4番」はブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ 人気ブログランキング
 
アマデウスレコード☃ブログ組曲第4番. Design by Pocket